佐藤健ドラマ ランキング。 佐藤健、王道ラブコメの「クールでドS」キャラに“国宝級”の声 恋愛ドラマ求める視聴者のホンネ

王道ラブコメで証明された、佐藤健の真の凄さ 手のひらで転がされていた『恋つづ』の3カ月|Real Sound|リアルサウンド 映画部

佐藤健ドラマ ランキング

「恋はつづくよどこまでも」最終回(3月17日放送)の終盤の場面。 佐倉七瀬(上白石萌音、右)と天堂浬(佐藤健)は仲間に見守られながら結婚式を挙げる=TBS提供 TBS系連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(火曜午後10時)が、3月17日の最終回で同ドラマ最高の15. 4%(以下、視聴率は全てビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録し、終了した。 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上には、最終回の放送中から「(胸が)キュンキュンした」「続編希望」といった、女性の書き込みがあふれかえった。 かつてのトレンディードラマ全盛期の後、恋愛ドラマはもう当たらないなどと言われ、刑事ドラマや、病院などを舞台にしたお仕事ドラマが増える中、久しぶりのスマッシュヒットといえる。 略称「恋つづ」はなぜここまで多くの女性の心を「キュンキュン」させたのだろう。 女性の気持ちは女性に聞かないとわからない。 若い頃、トレンディードラマにはまった50代のおっさん記者が、ドラマ事情に詳しいライターの田幸和歌子さんとその理由を考えてみた。 (ドラマのネタばれになる情報も含んでいますので、未見の方は注意して楽しんでください)【佐々本浩材】 「恋つづ」の基本設定はこうだ。 ヒロインの佐倉七瀬(上白石萌音)は高校生の時に修学旅行で東京観光をしていて、初老の女性が路上で意識を失う現場に遭遇。 たまたま通りかかった医師の天堂浬(かいり、佐藤健)が素早く応急処置をする姿に一目ぼれしてしまう。 天堂に会いたい一心で看護師を目指した七瀬は、5年後、夢をかなえ、天堂がいる日浦総合病院で働き始める。 第1話で七瀬は早速、天堂に5年越しの思いを告げるが、あっさり玉砕。 天堂からは「誰だ、お前」「身の程を知れ、岩石(ちなみに「岩石」は仕事の流れをせきとめる新人ナースを指す言葉)」と言われる始末。 天堂は人当たりがきつく、病院内では「魔王」と呼ばれる、ドSの医師だったのだ。 七瀬は、そんな魔王に勇敢に立ち向かうことから、病院内で「勇者ちゃん」と呼ばれるようになる。 そんな2人の恋の進展を描くのがこのドラマだ。 最終回の視聴率15. 4%は、NHKの連続テレビ小説や大河ドラマを除くと、3月で終了するドラマの中ではトップクラス。 テレビ朝日系「相棒season18」は途中で16. 7%を2度記録しているが、最終回の2時間スペシャル(3月18日放送)は13. 8%とややダウン。 ほぼトップ集団を走り続けたTBS系「テセウスの船」は第8話(3月8日放送)で番組最高の15. 3%を記録したが、第9話(3月15日放送)は14. 9%とややダウン。 最終回は数字を伸ばすと予想されるが、22日の放送。 「恋つづ」を上回るかはわからないが、2番組の接戦になるだろう。 後で触れるが、後半になってからぐんぐんと数字を伸ばし、「テセウス」などに追いついたのも他のドラマには見られない特徴だ。 そうした後半の盛り上がりはSNSからも分かる。 最終回前から「恋つづロス」「天堂ロス」がつぶやかれ、「恋つづ最終回」「#恋つづありがとう」がツイッターでトレンド入りした。 公式インスタグラムのフォロワー数は102万人を突破、公式ツイッターのフォロワー数はドラマ終了時で40万人に到達し、その後も増え続けているという。 TBS系の恋愛ドラマで最近のヒットといえば、新垣結衣と星野源が共演した「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年10~12月、最高視聴率は最終回の20. 8%)。 無料の見逃し番組配信として、放送後1週間、ネット配信された「恋つづ」の再生回数は、最終回前の第9話(3月10日放送)で342万回を記録(TBS FREE、GYAO!、TVerの合計値、3月10~17日、TBS調べ)した。 TBSの過去最高値だった「逃げ恥」の記録を上回ったという。 1週間の見逃し配信が終わった後も、有料の番組配信「Paravi」では、本編ドラマのほか、ここでしか見られないオリジナルのミニドラマ「まだまだ恋はつづくよどこまでも」も配信しているため、最終回終了後から加入者が急増した。 「恋つづロス」の女性たちがどっと押しかけた形だ。 TVerによる最終回の見逃し配信は4月14日まで続く。 ブルーレイやDVDは7月に発売される予定で、まだしばらく盛り上がりは続きそうだ。 そこまで視聴者の気持ちを盛り上げた、「恋つづ」の胸キュンシーンとは、一体どんなものだったのか? ドラマは初回(1月14日放送)が9. 9%とまずまずのスタートを切ったが、その後は10%前後を行ったり来たり。 最近のドラマの状況だと、十分合格点といえるが、それほど大きな盛り上がりを見せていたわけではなかった。 この時期はいわゆる「ツンデレ」もの。 一方的に迫る七瀬に、病院内では「ツンツン」した対応のドSぶりを発揮していた天堂が、次第に七瀬の仕事ぶりに理解を示し、オフになると、多少「デレデレ」ぶりを見せ始める。 第5話(2月11日放送)で、ケガをして救急車で搬送された七瀬に「乗り切ったら、願いを何でもかなえてやる」「彼氏になってやる」と告げた天堂。 第6話(2月18日放送)では、主任ナースに七瀬の予定をあけてほしいと頼んだ天堂が、その理由を尋ねられ、「一緒に飯を食います」「俺の彼女だから」と公言するほど2人の仲は進んでいた。 視聴率が伸び始めるのは、第7話(2月25日放送、11. 9%)から。 天堂のセリフや行動に「胸キュン」する要素がどんどん増えていき、「ツンデレ」ではなく、2人の関係はほとんど「デレデレ」気味になっていく。 たとえば、第7話。 天堂の元恋人の妹、若林みおり(蓮佛美沙子)が天堂に告白したことで、七瀬は自分が天堂と釣り合うのかと不安な気持ちになる。 天堂に「やっぱり私と先生じゃ釣り合わない」と訴えると、天堂は「今さら、何言ってんだ。 俺とお前が釣り合わないことなんて、100万年前から分かってるんだ」と言い放ち、さらに何か言おうとする七瀬にキスする。 そんな2人を心配した周囲の配慮で、2人は遊園地でデートすることに。 アイスクリームを食べていると、鼻にアイスを付けてしまう七瀬。 「俺は取らないからな」といいながらも、天堂が優しく手で取ってやると、七瀬はわざと口の回りにアイスを付け、かわいく首を振り催促する。 天堂はしばらく気付かぬふりをするが、すっとキスしてアイスを取ってやる。 驚きながらもうれしい七瀬。 書いていても恥ずかしくなるようなシーンの連続だが、恋の始まりを巧みな演出と、音楽で盛り上げる。 そうした流れを決定づけたのが第8話(3月3日放送、12. 1%)のエンディング。 七瀬に好意を持つ入院患者、上条周志(清原翔)が2人の仲をやっかみ、天堂から暴力と精神的苦痛を受けたとして民事で訴えると言い始めたため、天堂を守ろうと七瀬は病院を辞め、1人で古里に帰る。 地元の診療所で看護師として働く七瀬は、頼まれた買い物を済ませ、診療所に帰る途中、天堂の姉からスマホに電話がかかる。 出ると、電話の主は天堂だった。 「何考えてんだ、バカ。 誰の電話にも出ない。 この俺がかけても」。 「だって、先生の声を聞いたら私……」と早口で返し、ちょっと涙ぐみそうになるのをこらえる七瀬。 新しい病院でいかに楽しく働いているか説明し「もう心配しないでください」と話す。 Official髭男dismの主題歌「I LOVE... 」のイントロが流れ始め、これで続きは次回かなという場面で、七瀬は後ろからいきなりハグされる。 もちろん現れたのは天堂。 「勝手にいなくなるな。 ずっと一緒にいると言っただろ」と耳元でささやく。 これには、見ている女性陣の「キュンキュン」も最高潮に。 第7話以降、視聴率は上昇し続け、無料の見逃し番組配信の再生回数もTBSの過去最高記録を毎回更新し続ける。 田幸さんは「恋つづ」をどう見たのだろう。 「甘すぎて、見続けてられないくらい、ベタベタに甘いですよね。 最初はツンデレから入っていますが、次第に甘さの濃度がどんどん上がって。 最終回は見ている側が照れちゃって、もうえげつないくらい(笑い)。 でもそれが盛り上がるんだというのはちょっと意外でしたね」と驚きを持って受け止める。 原作は円城寺マキの同名漫画。 漫画は「心理描写がもっと丁寧だったり、ただの恋愛ものじゃなかったりする部分もある」という。 「ドラマは原作よりもさらに『ベタ(ありきたり)』。 ひたすら(天堂役の)佐藤健さんのかっこよさに焦点を当てた。 それが非常にうまい。 話がベタで、シンプルなため、『あっ、次にこういう展開が来る….

次の

佐藤健、連続殺人事件の容疑者役で映画主演 刑事役に阿部寛、林遣都

佐藤健ドラマ ランキング

さんは、激しいアクション映画で活躍する事が多い印象があるかもしれません。 ところが、アクション意外のジャンルでも活躍しているので、さんが出演している映画をランキング形式で、10作品まで紹介しましょう。 の映画 No. 10『』 小笠原秋(演:)が、ミュージシャンとして活躍していましたが、プロの音楽スタッフたちが演奏していて、自分が以前まで所属していたバンドのメンバーたちは演奏するフリだけで終わっている事に苛立っていました。 ところが、 小笠原秋は、自分の事を特別扱いしない女子高生 小枝理子(演:)と出会い彼女に夢中になっていきます。 しかし、 音楽プロデューサー高樹 総一郎(演:)の企みによって、二人の間は次第に引き裂かれていくのです。 の映画 No. 9『』 也(演:)たちは、暴力事件を起こした責任を取らされてしまい、長い間に渡って謹慎処分を受けていました。 しかし、 その処分がようやく終わり学園高校は、甲子園出場に向けて練習を再開します。 元ヤンキーたちが甲子園を目指すという無茶苦茶な内容ですが、川藤幸一(演:)が顧問として、何とか元ヤンキーたちに夢を与えて光り輝く時間を過ごしてもらおうとします。 しかし、彼らの前には、笹崎高校の大エースの川上貞治(演:)が立ちはだかります。 の映画 No. 8『何者』 二宮拓人(演:)は、演劇を辞めて就活に本腰を入れようとして、仲間の太郎(演:)もバンドを辞めて本格的に就活を始めていきました。 二宮拓人には、田名部瑞月(演:)という好きな女性がいましたが、彼女は友達の太郎を選んでしまうのです。 そんな事はありましたが、 田名部瑞月は二人を誘って、友達の部屋へ案内します。 そこで小早川理香(演:)と知り合って、四人で就活の対策本部を打ち立てました。 ところが、 二宮拓人は裏アカウントを使って、周りの仲間たちをバカにしているツイートをしていたのです。 それを小早川理香から指摘されてしまいますが、若者たちの絆はどうなってしまうのでしょうか? の映画 No. 7『 伝説の最期編』 (演:)は、神のごとき速さで、明治の平和を乱す志々雄真実一派と戦っていきますが、相手はワル知恵の働く者たちが多くいたのです。 今まで、明治政府のために戦ってきたのに、志々雄真実に脅迫されてしまった明治政府は剣心をさらし首にしようとします。 さんの素早いアクションシーンは必見ですが、志々雄真実役のさんが剣から炎を放つシーンのほうが迫力のある演出になっていました。 そのため、主役にも関わらずさんの存在が少しだけ薄れてしまうアクション映画になっています。 の映画 No. 6『8年越しの花嫁』 中原尚志(演:)は、飲み会で(演:土屋太鳳)と知り合って、ささいな行き違いから口論してしまいます。 しかし、 その口論がキッカケで、二人は次第に関係が深まっていき、付き合う事になりました。 そして、 中原尚志は彼女に告白をして結婚の約束までしてしまいます。 ところが、彼女は300万人に1人かかるか、かからないかという病気になってしまって、ついには意識まで失ってしまいます。 中原尚志は、8年もの長い間に渡って彼女が元気になる姿を夢見て、支え続けました。 この映画は 『』のような派手さはありませんが、さんが一途な青年を演じていて、その感動的なストーリーは多くの方たちの涙を誘ったのです。 そのような事を考えたら、アクション映画好きの方にはおすすめできませんが、感動的な映画を見たい方には必見の作品となっています。 の映画 No. 5『』 獅子神皓(演:)は、父親が母親を見捨てて、外で女を作って他の家庭を築いた事について凄く恨んでいました。 そんな時に、 公園に足を運んだら、白い閃光と共に隕石のようなものが降ってきたのです。 そこには、 獅子神皓以外にも、犬屋敷壱郎(演:)も一緒にいました。 何と二人は、それから不思議な特殊能力を持つようになって、犬屋敷壱郎は人の命を助けるために特殊能力を使うようになります。 ところが、 獅子神皓は特殊能力を悪用して、多くの人々の命を奪っていったのです。 今まで 正義役の多いさんが、ダークヒーローを演じる事になるので、今までとは違うさんの演技を見たい方は、一度ぐらい見ておいても損はしないでしょう。 の映画 No. 4『』 は、命を落とさない超人的な人間の事で、多くのがモルモットのように人体実験に使われていました。 永井圭(演:)もだったので、何度も拷問に近いほどの人体実験を味合わされます。 ところが、そこへ同じの佐藤(演:)たちが助けにやってきたのです。 佐藤は自分たちを苦しめていた人間を凄く恨んでいて、猫がねずみをいたぶるように人間たちを始末していきました。 永井圭はいくら自分たちを苦しめていた人間であっても、佐藤のように始末していく事はできなかったのです。 佐藤は、そんな永井圭をうとましく感じてしまい、同士で戦いあうようになります。 命を落とさない同士が戦いあう姿は、まさに圧巻です。 そして、さんとさんの対決シーンは、なかなか見ごたえがあります。 の映画 No. 3『 京都大火編』 (演:)は、この映画でも志々雄真実(演:)と戦っていく事になります。 しかし、 伝説の最期編に比べて、剣心が活躍するシーンが多いので、ファンであれば満足しやすい内容です。 さらに歴史の偉人たちの名言も多く登場するので、見所の多いアクション映画になっています。 の映画 No. 2『』 さんが、主人公と悪魔の二役を演じていて、主人公は余命わずかな青年で悪魔と取引をしようとします。 主人公は、世界から一つのものを消したら、その代わりに一日だけ寿命を伸ばす事ができました。 今まで死にたくない一心で、映画や時計などを無くしていきましたが『本当にこのままでいいのか』と自問自答するのです。 さんが、自分の命と大事なものを天秤にかけて自問自答するシーンは、色々と考えさせられます。 そして、多くのモノを消滅させて、彼女から忘れられてしまうシーンは、ファンであれば胸をしめつけられる思いになるかもしれません。 の映画 No. 1『』 映画『』の一部作では、さんが圧倒的に素早いアクションシーンを披露して、アクション映画ファンだけではなく、の原作ファンたちも度肝を抜かれてしまいました。 多くの原作ファンたちは『あの作品を実写化できる訳がない』とタカをくくっていたので、ここまで圧倒的なアクションシーンに仕上げているとは思わなかったのです。 この映画によって、さんは日本のアクション映画で、必要不可欠な存在である事を国内外に知らしめる事になりました。 の映画ランキング10選のまとめ 様々なジャンルで活躍しているさんですが、やはりアクション映画が一番光り輝いていますね。 私は、の原作ファンだったので、 実際に映画を見た時には『さんとは、これほどの俳優だったのか!』と圧倒されました。 そして、アクション以外でも『何者』や『』で、独特な個性を放っていました。 これほど魅力のある俳優さんですから、今後も邦画で活躍していく事は間違いないでしょう。 akira2013web.

次の

佐藤健 “成熟期”へ、「みんなが彼とやりたがる」仕事仲間をトリコにするテク

佐藤健ドラマ ランキング

俳優のが、氏のヒューマン・ミステリー小説『護られなかった者たちへ』の実写映画で主演を務めることが発表された。 佐藤は、刑期を終えて出所直後に起こった連続殺人事件の容疑者で刑事役のから追われる難役に挑戦する。 佐藤は「途方もないやるせなさ、悲しみ、どこへ向ければいいかわからぬ憤り、怒りをぶつけていくことがこの作品での自分の役割だと思っています」と座長としての意気込みを語っている。 キャスト陣は、連続殺人事件の容疑者・利根泰久役の佐藤、利根を追う刑事・笘篠誠一郎の阿部のほか、福祉保健事務所職員・円山幹子役で、国会議員・上崎岳大役で、東日本大震災で被災した遠島けい役で、笘篠の後輩・蓮田智彦役でが出演する。 メガホンをとるのは、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(2017年)以来、佐藤とは2度目のタッグとなる監督。 脚本は、『永遠の0』(13年)、『空飛ぶタイヤ』(18年)などを手がけている林民夫氏。 佐藤は「魅力的なキャストの皆さま、そして再び瀬々監督とご一緒できることを大変うれしく思います」と瀬々監督との再会に笑顔。 「監督とは前回2ヶ月の岡山ロケをともにしましたが、今回の舞台は宮城です。 またしばらく瀬々組の濃厚な映画の世界に浸ってきます」と話している。 物語の舞台は、東日本大震災から9年がたった宮城県内の都市部。 そこで、全身を縛られたまま放置され、餓死させられる連続殺人事件が発生する。 笘篠(阿部)は、捜査線上の容疑者として、知人を助けるために放火・傷害事件を起こして服役し、出所したばかりの利根(佐藤)を上げる。 笘篠は、犯人の決定的な確証がつかめない中で、新たな事件が起こってしまう。 裁かれなかった罪と罰、正義が交錯した果てには、切ない真実が待っていた。 撮影は4月から5月にかけて行われる予定。 公開は2020年。 魅力的なキャストの皆さま、そして再び瀬々監督とご一緒できることを大変うれしく思います。 監督とは前回2ヶ月の岡山ロケをともにしましたが、今回の舞台は宮城です。 またしばらく瀬々組の濃厚な映画の世界に浸ってきます。 ・阿部寛 瀬々監督と数年ぶりにご一緒しますが、監督ならではの、リアリティと素朴な人間の感情が入り混じる現場に身をゆだねようと思います。 不可解な連続殺人事件を追いかける刑事役となりますが、今までとは一味違う刑事像となる予感と期待があり、撮影現場に入る事が今から楽しみです。 今回の物語の舞台は宮城県を中心とした東北地方になりますが、東日本大震災のみならず、日本各地で発生している天災を風化させないためにも、物語を通して記憶と思いを繋げていければと思います。 ・清原果耶 この度、円山幹子役で出演することになりました、清原果耶です。 脚本や現地で感じたものを出来る限りたくさん胸に抱き留めて彼女を生きたいと思っています。 この映画が誰かの心を温め、これからに繋がる灯火のようなものになれば幸いです。 撮影はまだ始まっていないのですが監督、スタッフ・キャストの皆さまと全身全霊で臨めればと思います。 ・吉岡秀隆 今という時代だからこそ生まれるべき映画になればと思います。 自分の役どころがこの映画の持つメッセージを受け取らなければならない対象にあると感じています。 自分の目で見て感じ、抱いた気持ちを大切に、撮影に臨んでいきたいと思います。 ・瀬々敬久監督 今、立ち向かわないといけない問題はさまざまです。 新型コロナウイルスへの対応だけでなく、多くの問題の中で僕たちは生きている。 今回は中山七里さんの原作を得て、貧困問題や格差社会について考えながら映画を作っていくこととなりました。 そこには一緒の仕事は2度目となる佐藤健さんがいます。 しなやかな感性と身体で新しい場所へと映画を運んでくれると信じています。 清原果耶さんは世界に立ち向かうヒロインとして、今を生きる我々の代弁者として、気持ちと覚悟をさらけ出してくれると思います。 10年ぶりにご一緒する阿部寛さんとは本当に現場でお会いするのが楽しみです。 未だゴールは見えていませんが、キャスト、スタッフ共にこの大変な状況の中で、映画を作る意味を考えながら粛々と突き詰めていきたいと思っています。 それが僕らの仕事であり、生きていくことだと思っています。 ・中山七里氏 以前、某映画監督と話をしていたとき、こんなことを聞いた。 「実はエキセントリックな役というのは演じるのが割と簡単なんです。 本当に難しいのは普通の人を演じることでしてね」。 当初、出版社からのオーダーは「仙台を舞台にした物語を書け」という内容だった。 仙台という場所からテーマはすぐに決まったが、難航したのはキャラクター設定だった。 僕の小説には天才ピアニストやドーベルマンのような刑事や悪徳弁護士など特異な人物が登場することが多いが、この物語は市井の人々の絶望と喜びを描く必要があった。 従って登場するキャラクターは全員普通の人であり、普通の生活をし、普通に泣き、普通に憤る。 今回『護られなかった者たちへ』映画化に際して、佐藤健さんや阿部寛さんといった演技派・実力派と称される方々がずらりそろい踏みしたと聞き、原作者として幸せをかみ締めているところである。

次の