ご教示の程。 「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

ビジネス文書・メールで頻出!「ご教示」の意味と正しい使い方

ご教示の程

また取引先とのやりとりの中で、内容や手順、状況、対処の方法などを聞きたいときにも使われることがあります。 上司やクライアントなどとの日程調整で相手のスケジュールを聞きたいときも使うことが可能です。 ご教示願いますやご教示くださいは、メールなどでの書き言葉として使われることが多く、話し言葉ではお教えください。 ご指導をお願いいたします。 などが適切でしょう。 「ご教示願います」を使った例文をいくつか紹介します。 実際にビジネスメールなどを送る際に参考にしてみてください。 <例文> ・経費申請書の書き方を、お手すきでご教示願います。 ・〇〇のプランに申し込む場合の手順について、詳細をご教示いただければと思います。 ・貴社のご都合がつく日程を、いくつかご教示いただけますと幸いです。

次の

「ご教示の程よろしくお願い致します」意味と使い方・メール例文

ご教示の程

この記事の目次• なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご教示の意味は「教え示すこと」 ご教示の意味は「知識や方法などを教え示すこと」 「ご教示」はビジネスメールで使われることがほとんどで、会話ではもっとシンプルな表現「教えて頂きたいのですが…」「教えていただけますか?」などを使います。 ご教示のほど〜意味は「教えてくれるように・教えてもらうように」 「ご教示のほど〜」の意味は「教えてくれるように〜」あるいは「教えてもらうように〜」 「のほど」にはとくに深い意味はありません。 また「ご教示」のもとになる単語は「教示」であり、尊敬語なのか謙譲語なのかイマイチはっきりとしない「ご」をつかって敬語にしています。 「(自分が相手に)教えてもらうよう」と考えるのであれば 謙譲語の「ご」• 「(相手が自分に)教えてくれるよう」と考えるのであれば 尊敬語の「ご」 となります。 「ご教示の程」というように漢字を用いてもOKですし、「ご教示のほど」と平仮名にしてもOK。 ご教示の程〜の「のほど」ってどんな意味? ここで「ご教示の程」の「のほど」は限定を避ける言い方で、とくに深い意味はありません。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 「〜のほど」はたとえば、• ご査収のほどお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取るよう、お願い」• お取り計らいのほどお願い申し上げます 意味「物事をうまく進めてくれるよう、お願い」• ご検討のほどお願い申し上げます 意味「検討してくれるよう、お願い」• ご了承のほどお願い申し上げます 意味「了解してくれるよう、お願い」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 「お願い致します」は「よろしくお願い致します」「お願いいたします」としてもOKですし、「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」を使い「何卒よろしくお願い致します」としても丁寧。 あるいは同じ意味の「お願い申し上げます」とも言い換えできます。 ご教示の程よろしくお願い致します の意味は「教えてくれるよう、お願いします」• ご教示 = 教えること• のほど = 「〜してもらうよう」あるいは「〜してくれるよう」の意味• すると「ご教示の程よろしくお願い致します」の意味は… 「教えてくれるよう、お願いします」 「教えてもらうよう、お願いします」 のように解釈できます。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ただし謙譲語にも「お・ご」を使い始めると文章が「お・ご」だらけになって読みにくくなります。 文章のバランスを考えて使い分けしましょう。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 ご教示の程よろしくお願い致します の使い方 つづいて「ご教示の程よろしくお願い致します」の使い方について。 おもに問い合わせのビジネスメール結び締めに使うフレーズであり、決まりきった使い方のみ。 使い方「問い合わせビジネスメール結び締め」 「ご教示の程よろしくお願い致します」の使い方 おもに問い合わせや質問をともなうビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「ご教示の程よろしくお願い致します」• 例文「ご教示のほど何卒よろしくお願い申し上げます」• 例文「ご教示のほど何卒よろしくお願い致します」 のようにして質問すると丁寧です。 具体的にはたとえば、就職活動で企業に問い合わせするビジネスメールのとき。 -ビジネスメール例文- このたびは今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示のほど何卒宜しくお願い致します。 みたいにメール結びとして使えます。 まぁ、ようするに「教えてね!よろしく」という意味なのです。 「ご教示のほどお願い申し上げます」としても丁寧 ところでビジネスシーンでは、 「ご教示の程よろしくお願い致します」としても丁寧ではありますが… 「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご教示のほど 何卒よろしくお願い致します」 あるいは「お願い致します」とおなじ意味の「お願い申し上げます」をつかい、 「ご教示のほど 何卒 よろしく お願い申し上げます」としても丁寧です。 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! ビジネスメールの結び締めをより丁寧にするためのコツ。 「ご教示の程よろしくお願い申し上げます」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご教示の程〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご教示の程〜」 「たびたび恐縮ではございますがご教示の程〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご教示の程〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご教示の程〜」 「たびたび恐れ入りますがご教示の程〜」• お手数=お手間 「大変お手数ではございますがご教示の程〜」 「お忙しいところお手数お掛けしますがご教示の程〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご教示の程〜」• 不躾な質問とは存じますが=失礼な質問とは思うのですけど 「不躾な質問とは存じますがご教示の程〜」 「ご教示ください」でもOKだけど…もう少し丁寧に! 「ご教示ください」とする人も中にはいますが…私はオススメしません。 「〜してください」は「〜してくれ」の尊敬語「くださる」の命令形であるため敬語としてはOK。 目下のヒトにたいする言葉づかいや、社内あてのメールであれば問題ありません。 ですが「〜してください」は結局のところ命令形であるため、どうしても強い表現です。 もっと丁寧なフレーズがあるのですからそちらを使うのが無難。 とくに目上のヒトや取引先に何かをお願いするときには相手への気づかいが必要です。 【参考】 「ご教示」「ご教授」の意味と違い 「ご教示」と似たようなフレーズには「ご教授」があります。 これって何が違うのでしょうか? それぞれの基本となる意味をまとめると、• 「ご教示」の意味:(何かを)教え、示すこと• 「ご教授」の意味:(学問など専門的なことを)伝え、教えること となりますので、教えることの内容によって「ご教示」と「ご教授」とを使い分けます。 たとえば、• 敬語の使い方を専門的に教えてほしい時には「ご教授ください」• 東京駅までの行き方を尋ねたければ「ご教示ください」 を使えばいいということになります。 ビジネスメールでよく使われるのは 「ご教示」の方ですね。 これはビジネスシーンで知りたい内容が芸術や学問ではないためです。 ちなみに「ご教示」はビジネスメールで使われることがほとんどで、会話ではもっとシンプルな表現「教えて頂きたいのですが…」「教えていただけますか?」などを使います。 いっぽうで学生が先生に質問するのであれば 「ご教授」を使うのが正しい、ということになります。 ご教示のほど・くださいますよう・頂きますよう・ご教示いただければ幸いです の違い ところで「ご教示」の使い方というか続くフレーズには、 「ご教示 くださいますようお願い致します」 「ご教示 のほどお願い致します」 「ご教示 頂きますようお願い致します」 「ご教示 いただければ幸いです」 というように主に4つあります。 これって何が違うのでしょうか? 「ご教示 いただければ幸いです」 の意味は 「教えて もらえたら嬉しいなぁ・幸せだなぁ」 となり「ご教示くださる」なのか「ご教示いただく」なのか「ご教示のほど」なのか「ご教示いただければ〜」なのかでニュアンスが違います。 どれを使っても丁寧ではありますが使い分けについても考えてみます。 もっとも丁寧なのは「ご教示いただければ幸いです」 いろいろと考えてはみましたがこれまで示した例文はどれも丁寧であり、使い分けする必要性はありません。 強いて言うのであれば「ご教示いただければ幸いです」がもっとも丁寧なお願い・依頼のフレーズ。 これまでと同じようにビジネスメール結び締めとして使います。 以下の例文をご参考にどうぞ。 例文「ご教示いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い致します」• 例文「ご教示いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い致します」• 例文「お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご教示いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い致します」 ビジネスメールによく使うのは「ご教示のほど」 「ご教示いただければ幸いです」がもっとも丁寧なフレーズではありますが… ビジネスメールでもっともよく使われるのは「ご教示のほどお願い申し上げます」「ご教示のほどお願い致します」です。 親しい取引先や上司・社内の目上などに対する普段のビジネスメールで、無駄にかしこまった敬語フレーズを使う必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分けは難しい せっかくですので「ご教示いただきますようお願い」「ご教示のほどお願い」の違いを考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 で結論としては使う語によって「くださる」がよいのか「いただく」がよいのか、相性がありなんとも言えません。 結び・締めに使うフレーズとしては「くださいますよう」のほうが一般的で、お礼に使うフレーズとしては「いただきありがとう」を使うのが一般的です。 ただし本来であればどれも丁寧な敬語であり、使い分けする必要はありません。 ご教示の程よろしくお願い致しますのビジネスメール さいごに「ご教示の程よろしくお願い致します」を使ったビジネスメールや文書の例文を紹介します。 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示のほど何卒宜しくお願いいたします。 メール署名 【補足】 1 恐れ入りますが=恐れ入る+丁寧語「ます」で「すみませんが…」の意味。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。 参考となる書き方:• 突然のご連絡、大変失礼をいたします。 株式会社就活・開発担当の就活と申します。 この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。 お忙しい中恐れ入りますが、 ご教示のほど何卒よろしくお願い致します。 メール署名 【補足】 1 恐れ入りますが=恐れ入る+丁寧語「ます」で「すみませんが…」の意味。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。

次の

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け

ご教示の程

ご教授いただければ幸いですの意味 ご教授いただければ幸いですの意味は 「教えてください」 です。 敬語表現なので目上の人に使う場合の言葉です。 似た言い方として 「教えていただけますと幸いです」 があります。 教授の意味 教授の意味は三省堂大辞林によると 『学問・技芸を伝え教えること』 です。 勉強や技術、芸事などの教えを授けることを「教授する」といいます。 また、大学などの教育機関で、専門の学問や技能を教える上位の職位置を「教授」といいます。 ご教授の意味 「ご(御)」は敬意を表す接頭語です。 名詞の前に「ご(御)」をつけると、次の二つの意味が現れます。 1.相手や第三者に対する敬意 2.それが相手のもの、相手に関するものであること。 つまり、それが相手のものであること、相手に敬意をしめすことの二つの意味があります。 「ご教授」ということは 「あなたから教えてもらうこと」 という意味です。 ご教授いただくの意味 つぎに「いただく」の意味です。 「いただく」は 「お…いただく」や「御(ご)…いただく」の形で使う場合 『他人にその動作や行為をしてもらう』という意味になります。 つまり、ご教授いただくは「相手から教えてもらう」という意味です。 ご教授いただければの意味 ここでいただけ 「れば」となっている意味です。 「いただければ」は、「いただく」という動詞(カ行下一段活用)の仮定形である「いただけれ」に、接続助詞の「ば」が付いた形です。 「ば」は動詞の仮定形と接続して 「順接の仮定条件」を表します。 まだ起こっていない事柄を仮定し、それを条件として表す言い方です。 ~ならば、~であれば、という使い方をします。 「いただければ」は「いただく=してもらう」+「のであれば」という意味です。 ご教授いただければ幸いですの意味 「幸いです」は「そうしてくれれば嬉しい、ありがたい」 という意味の謙譲表現です。 似た言い方に「幸いでございます、幸いに存じます」などがあります。 以上で、全体として 「あなたから教えてもらえるとありがたいです」という敬語表現になります。 ご教授くださいの意味 また、ほぼ同じ表現で 「ご教授ください」という言い方があります。 ここでの「ください」の意味を解説します。 「ください」は、それ自体を動詞として使うと 「(何かものを)ください」と相手に事や物をお願いして要求する意味があります。 一方、今回のように動作を表す漢語に 「ご(御)」の付いた形や、 動詞の連用形に「て(で)」の付いた形などに付くと 文法的には 「補助動詞」という使い方をします。 この場合の意味は、 相手に何らかの動作をすることを請い求める意味を表します。 「ほしい」「ちょうだい」と同じ意味です。 「どうぞご着席ください」 「ぜひご検討ください」 「アンケートを記入して書いてください」 などと同様の意味になります。 全体として 「ご教授ください」は 「教えてください」の敬語表現です。 「ご教授」までの高度な内容でなければ 「教えていただけますと幸いです」 が良いでしょう。 教えていただけますでしょうか。 」 「コピー機で部数ごとに印刷する方法がわかりません。 お忙しい中恐れ入りますが、教えてもらえるとありがたいです。 といった言い方ですと丁寧さが伝わります。 さらに、wouldの方が上司など目上の人に使う場合に、 同僚など親しい相手であればcouldや、場合によってはcan you でも。 Could you please explain that again? 目の前でフォームに住所や氏名などを記入してもらう場合は Can you please fill out this form? といった表現が便利です。 まとめ.

次の