出産 祝い イラスト。 意外と大切、出産祝いのマナー!贈る時期や金額、メッセージなど基礎知識を解説!|ギフトカード・商品券なら三井住友VISAカード

これだけでOK!出産祝い「のし」の種類と書き方をイラスト簡単解説

出産 祝い イラスト

もくじ• 4文字(死文字)を避けたほう良いとされていますが、最近は気にしないことも。 結び方がいろいろありますが、出産祝いでは蝶結びを選べば大丈夫。 苗字だけでもフルネームでもOK。 本来は「のし」といえばこの飾りのことだけを指します。 表書き・贈り主名の書き方 のし袋やのし紙に書く文字は、濃い黒色の毛筆か筆ペンを使い、楷書で丁寧に大きめの字を書きましょう。 そして、贈り主の氏名は、表書きの名目(御出産御祝など)よりもやや小さく書きましょう。 のし紙の場合、贈り物を買ったお店で文字を入れてくれたり、自宅で印刷ができますが、のし袋は自分の手で書くことが多いと思います。 書くのが苦手な方もいると思いますが、一度深呼吸をし、気持ちを込めて書いていけば大丈夫ですよ。 注意 うす墨の筆は弔事に使用するものなので、出産祝いには必ず濃い墨のものを使いましょう。 筆ペンを購入する際に「仏事用」「弔事用」などと書かれているものは、うす墨です。 また、表書きは、黒のインクであってもボールペンやマジックで書くのはNGです。 インクや墨が染みてしまうといけないので、乾いてから現金を入れるようにしましょう。 品物には、のしと水引が印刷された「のし紙」をかける 品物を贈るときは、「のし紙」を使います。 「のし」は本来、掛け紙の右上につける小さな飾りのことを指します。 掛け紙に、そののしと水引をつけるのが正式なのですが、簡素化されてどちらも印刷で済ませているものが今では広く使われています。 それを「のし紙」といいます。 「のし」と「のし紙」の区別はだんだん曖昧になり、今ではぜんぶひっくるめて単に「のし」と呼ぶことが増えてきたようです。 たとえばお店で、おのしを付けますか?と聞かれることがありますが、それは「のし紙」のことを指しています。 お金を贈るときは「のし袋」を使う 言うまでもないかもしれませんが、お金を包むときに使うのが「のし袋」ですね。 表書きや水引のマナーは同じです。 のし袋は、のし紙と違ってのしや水引が印刷でなくちゃんと付いているものが簡単に手に入ります。 印刷されているタイプもありますが、どうせなら豪華なのし袋に包んだほうが、お相手も喜ぶはずですよ。 表書きは「御出産御祝」がおすすめ 出産祝いの表書きには「御出産御祝」や「御出産お祝」と書くのが基本です。 四文字(死文字)を避けたほうが良いとされてきましたが、最近では「御出産祝」と書くことも増え、気にしすぎる必要もないようです。 また、シンプルに「御祝」と書くだけでも大丈夫です。 のし袋を購入した際に、「御祝」「御出産御祝」などと書かれた短冊が一緒に入っていれば、短冊の半分から下に贈り主の名前を書き、のし袋の中央に短冊がくるように貼り付けて使うこともできます。 出産祝いの水引は「紅白蝶結び(花結び)」 出産祝いの水引は「紅白蝶結び(花結び)」が基本です。 蝶結びは何度も結び直せることから、出産祝いのように何度あっても良いお祝い事に用います。 また、「あわび結び(あわじ結び)」は、結婚祝いなどに用いる「一度きりにしたい」という意味の「結切り」の一種ですが、両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれることから、「末永くお付き合いがしたいです」という意味も持っており、関西以西では慶事・弔事どちらにも広く用いられています。 ただ、お相手が関東など「あわび結び」に馴染みのない地域の方や、いろいろと気にするような方だと、あまり心良く思わない場合もあります。 迷うようであれば「蝶結び(花結び)」を選んだ方が無難です。 贈り主の名前、連名の書き方。 全パターンをご紹介! 水引の下には、贈り主の名前を書きます。 よく間違えられるのですが、お相手や赤ちゃんの名前を書くのではありません! ではでは、出産祝いの名前の書き方をパターン別にすべてご紹介します。 なお、サンプルはフルネームで書いていますが、苗字だけでも問題ありません。 夫婦連名の場合 夫の氏名を中央に書くのが古くからのマナーですが、いまどきは左右均等でもOK。 妻の名は夫の左側に書き、フルネームで書かないようにします。 2名の場合 2人が同格の場合は中央に左右均等に書きます。 序列がある時は、目上を中央に、目下を左側に書きます。 3名の場合 友人同士など同格の場合は、五十音順で左右均等に書きます。 序列がある時は、最上位者を中央にして上位順に右から左に書きます。 4名以上、団体の場合 代表者を中央に書き、左側に「外」もしくは「外一同」と書きます。 4名以上の場合、全員の氏名を書いた紙を同封しましょう。 【品物編】もっと知りたい出産祝いの「のし紙」 ここまでで、出産祝いののしの基本がお分かりいただけたと思います! ここからは、もう少しだけ詳しく、のしについて見ていきたいと思います。 まずは、お品物を贈る場合から! 「内のし」と「外のし」の違いと使い分け 品物にのし紙をかけてから包装紙で包むのが「内のし」、品物を包装紙で包んだ後にのし紙をかけるのが「外のし」です。 「内のし」の方が一般的によく使われます。 宅急便で配送するときは「内のし」にしましょう。 のしが汚れたりずれたりする心配がありません。 出産祝いを持参する時や、贈り物がたくさん集まる場合は、贈り主や目的がすぐにわかる「外のし」にすると良いですよ。 出産祝いの「のし」は、右側を上にして重ねる のし紙を品物の背面でとめる際、出産祝いのような慶事では、右側の紙が上にくるように重ねます。 左側が上になると弔事用になってしまうので気をつけましょう。 サイズが大きくて包むのが難しい場合は、重なってなくても大丈夫です。 できる限り背面で、少なくとも品物の側面まではのし紙がかかるようにしましょう。 逆に、のし紙が余りすぎるからといって、はさみやカッターで切るのはやめておきましょう。 その場合は、ワンサイズ小さなのし紙を使うのが正解です。 リボンラッピングにするならメッセージカードを添えて! 最近では、あまりかしこまらずに、リボンラッピングで贈ることも多くなりました。 親しい友達などお相手によっては、カジュアルで可愛らしいと喜ばれることもありますよね。 リボンラッピングにした場合は、のし紙をかけません。 代わりに、誰からの贈り物かわかるように、贈り主の名前とお祝いの気持ちを込めたメッセージカードを添えるようにしましょう。 注意 のし紙をかけて包装したうえに、さらにリボンラッピングするのはNGです。 水引は言ってみれば和風のリボンですから、二重にする必要はありません。 【現金編】もっと知りたい出産祝いの「のし袋」 つづいて、現金を贈る場合の「のし袋」についてもっと詳しく見ていきます! 現金は中袋に入れて、上包みで包む のし袋を購入すると、「上包み」「中袋」「短冊」などがセットになっています。 「上包み」はのし袋の一番外側の包みのことで、のしと水引が付いています。 「中袋」は封筒のことですね。 御祝儀の現金は、まず「中袋」にお金を入れ、次に「上包み」で包むようにします。 のし袋の中の「中袋」の書き方 ご祝儀を入れる中袋の表面中央には金額を書きます。 中袋の裏面左側には贈る側の氏名と住所を書きます。 記入スペースがある場合は、そのスペースに書きましょう。 金額を書くときは、「大字(だいじ)」と言われる旧漢字を使うのが一般的。 でも、普段書きなれない旧漢字を書くのは大変ですよね。 何より、出産祝いの場合は相手が若い夫婦のことが多いので、がんばって書いても、贈られた側が読めないということも… 相手に伝わらなければ意味がないので、最近は楷書で丁寧に書けば、いつも使っている略式(一、二、三)を用いても大丈夫です。 出産祝いで使う「大字(旧漢字)」の一覧 さてさて、読めても書けない旧漢字。 中袋に書くときにいつも困ってしまいます。 ということで、こちらに旧漢字を大きく載せておきましたので(笑)、参考にしてください! ちなみに、死を連想させる「四」は、普通使わないので掲載していません。 略字 大字(旧漢字) 1 壱 2 弐 3 参 5 伍 10 拾 20 弐拾 30 参拾 万 萬 円 圓 のし袋の裏は下が上にくるように折り重ねる! 上包み(のし袋の本体)の裏は、下側が上にくるように折り重ねましょう。 御祝い事では、「喜びが何度も受け止められるように」と下の折りが上にくるように折ります。 順番を逆にしてしまうと、弔事用になってしまうので気をつけましょう。 水引がついている場合は、丁寧に外してから中袋を入れ、上包み(本体)を畳んだ後、下側から水引をはめていきます。 水引のついていないカジュアルなのし袋の場合は、上包み(本体)に中袋(中包み)を入れ、封緘(ふうかん)シールで止めましょう。 知っておくと便利!自分で作れるのし書き印刷サイト のし紙印刷オンラインサービス 出産祝いの品物を購入した場合は、お店でのし紙をかけてくれることが多いと思います。 でも、連名で購入するときなど、自分でのしを作って後から掛けたいということもありますよね。 そんな時に役に立つのがこちらのサービス。 スタンダードなものからかわいらしいカジュアルなものまで、いろんなのし紙が選べますよ。 字体も4種類から選べますし、表書きや氏名を打ち込み、用紙の大きさを選ぶだけでPDFファイルを作ってくれて、そのまま印刷できるのでとっても簡単です。 水引の端っこに「のしJP」とサイト名が印刷されてしまうのがちょっと残念。 出産祝いの「のし」、いまどきは付けないことも! ここまでご紹介してきたように、出産祝いは慶事なので、のし紙やのし袋を使うのが一般的です。 ですが近頃では、のしをつけないケースも増えています。 例えば、物を贈るときにはリボンラッピング、お金を包むときは可愛いイラストが描かれているご祝儀袋という具合です。 親しい友達に贈る場合などは、スタンダードなものよりもそういった「のしなし」のカジュアルで可愛らしいものを用いた方が喜ばれることもありますよね。 でも、目上の方に贈る場合や、どれを選べばいいのかわからなくなった場合には、迷わずにスタンダードなものを選ぶようにしましょう。 まとめ いかがでしたか?わかっているようで意外と知らない、出産祝いの「のし」のマナーについてまとめてみました。 古くさいマナーのようにも思えますが、贈ることももらうこともそんなに滅多にないのが出産祝い。 せっかくの機会ですから、日本の伝統とマナーを思いきり楽しんでみることをおすすめします! STUDY PARK[スタディパーク]では、出産祝いにぴったりの木のおもちゃや、モンテッソーリ・モビール、トッポンチーノなど、赤ちゃんにとって本当に良いものをたくさん集めています。 舐めても安心安全なものばかりですので、出産祝いに贈るものを探している方もそうでない方も、ぜひお立ち寄りください!.

次の

意外と大切、出産祝いのマナー!贈る時期や金額、メッセージなど基礎知識を解説!|ギフトカード・商品券なら三井住友VISAカード

出産 祝い イラスト

もくじ• 4文字(死文字)を避けたほう良いとされていますが、最近は気にしないことも。 結び方がいろいろありますが、出産祝いでは蝶結びを選べば大丈夫。 苗字だけでもフルネームでもOK。 本来は「のし」といえばこの飾りのことだけを指します。 表書き・贈り主名の書き方 のし袋やのし紙に書く文字は、濃い黒色の毛筆か筆ペンを使い、楷書で丁寧に大きめの字を書きましょう。 そして、贈り主の氏名は、表書きの名目(御出産御祝など)よりもやや小さく書きましょう。 のし紙の場合、贈り物を買ったお店で文字を入れてくれたり、自宅で印刷ができますが、のし袋は自分の手で書くことが多いと思います。 書くのが苦手な方もいると思いますが、一度深呼吸をし、気持ちを込めて書いていけば大丈夫ですよ。 注意 うす墨の筆は弔事に使用するものなので、出産祝いには必ず濃い墨のものを使いましょう。 筆ペンを購入する際に「仏事用」「弔事用」などと書かれているものは、うす墨です。 また、表書きは、黒のインクであってもボールペンやマジックで書くのはNGです。 インクや墨が染みてしまうといけないので、乾いてから現金を入れるようにしましょう。 品物には、のしと水引が印刷された「のし紙」をかける 品物を贈るときは、「のし紙」を使います。 「のし」は本来、掛け紙の右上につける小さな飾りのことを指します。 掛け紙に、そののしと水引をつけるのが正式なのですが、簡素化されてどちらも印刷で済ませているものが今では広く使われています。 それを「のし紙」といいます。 「のし」と「のし紙」の区別はだんだん曖昧になり、今ではぜんぶひっくるめて単に「のし」と呼ぶことが増えてきたようです。 たとえばお店で、おのしを付けますか?と聞かれることがありますが、それは「のし紙」のことを指しています。 お金を贈るときは「のし袋」を使う 言うまでもないかもしれませんが、お金を包むときに使うのが「のし袋」ですね。 表書きや水引のマナーは同じです。 のし袋は、のし紙と違ってのしや水引が印刷でなくちゃんと付いているものが簡単に手に入ります。 印刷されているタイプもありますが、どうせなら豪華なのし袋に包んだほうが、お相手も喜ぶはずですよ。 表書きは「御出産御祝」がおすすめ 出産祝いの表書きには「御出産御祝」や「御出産お祝」と書くのが基本です。 四文字(死文字)を避けたほうが良いとされてきましたが、最近では「御出産祝」と書くことも増え、気にしすぎる必要もないようです。 また、シンプルに「御祝」と書くだけでも大丈夫です。 のし袋を購入した際に、「御祝」「御出産御祝」などと書かれた短冊が一緒に入っていれば、短冊の半分から下に贈り主の名前を書き、のし袋の中央に短冊がくるように貼り付けて使うこともできます。 出産祝いの水引は「紅白蝶結び(花結び)」 出産祝いの水引は「紅白蝶結び(花結び)」が基本です。 蝶結びは何度も結び直せることから、出産祝いのように何度あっても良いお祝い事に用います。 また、「あわび結び(あわじ結び)」は、結婚祝いなどに用いる「一度きりにしたい」という意味の「結切り」の一種ですが、両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれることから、「末永くお付き合いがしたいです」という意味も持っており、関西以西では慶事・弔事どちらにも広く用いられています。 ただ、お相手が関東など「あわび結び」に馴染みのない地域の方や、いろいろと気にするような方だと、あまり心良く思わない場合もあります。 迷うようであれば「蝶結び(花結び)」を選んだ方が無難です。 贈り主の名前、連名の書き方。 全パターンをご紹介! 水引の下には、贈り主の名前を書きます。 よく間違えられるのですが、お相手や赤ちゃんの名前を書くのではありません! ではでは、出産祝いの名前の書き方をパターン別にすべてご紹介します。 なお、サンプルはフルネームで書いていますが、苗字だけでも問題ありません。 夫婦連名の場合 夫の氏名を中央に書くのが古くからのマナーですが、いまどきは左右均等でもOK。 妻の名は夫の左側に書き、フルネームで書かないようにします。 2名の場合 2人が同格の場合は中央に左右均等に書きます。 序列がある時は、目上を中央に、目下を左側に書きます。 3名の場合 友人同士など同格の場合は、五十音順で左右均等に書きます。 序列がある時は、最上位者を中央にして上位順に右から左に書きます。 4名以上、団体の場合 代表者を中央に書き、左側に「外」もしくは「外一同」と書きます。 4名以上の場合、全員の氏名を書いた紙を同封しましょう。 【品物編】もっと知りたい出産祝いの「のし紙」 ここまでで、出産祝いののしの基本がお分かりいただけたと思います! ここからは、もう少しだけ詳しく、のしについて見ていきたいと思います。 まずは、お品物を贈る場合から! 「内のし」と「外のし」の違いと使い分け 品物にのし紙をかけてから包装紙で包むのが「内のし」、品物を包装紙で包んだ後にのし紙をかけるのが「外のし」です。 「内のし」の方が一般的によく使われます。 宅急便で配送するときは「内のし」にしましょう。 のしが汚れたりずれたりする心配がありません。 出産祝いを持参する時や、贈り物がたくさん集まる場合は、贈り主や目的がすぐにわかる「外のし」にすると良いですよ。 出産祝いの「のし」は、右側を上にして重ねる のし紙を品物の背面でとめる際、出産祝いのような慶事では、右側の紙が上にくるように重ねます。 左側が上になると弔事用になってしまうので気をつけましょう。 サイズが大きくて包むのが難しい場合は、重なってなくても大丈夫です。 できる限り背面で、少なくとも品物の側面まではのし紙がかかるようにしましょう。 逆に、のし紙が余りすぎるからといって、はさみやカッターで切るのはやめておきましょう。 その場合は、ワンサイズ小さなのし紙を使うのが正解です。 リボンラッピングにするならメッセージカードを添えて! 最近では、あまりかしこまらずに、リボンラッピングで贈ることも多くなりました。 親しい友達などお相手によっては、カジュアルで可愛らしいと喜ばれることもありますよね。 リボンラッピングにした場合は、のし紙をかけません。 代わりに、誰からの贈り物かわかるように、贈り主の名前とお祝いの気持ちを込めたメッセージカードを添えるようにしましょう。 注意 のし紙をかけて包装したうえに、さらにリボンラッピングするのはNGです。 水引は言ってみれば和風のリボンですから、二重にする必要はありません。 【現金編】もっと知りたい出産祝いの「のし袋」 つづいて、現金を贈る場合の「のし袋」についてもっと詳しく見ていきます! 現金は中袋に入れて、上包みで包む のし袋を購入すると、「上包み」「中袋」「短冊」などがセットになっています。 「上包み」はのし袋の一番外側の包みのことで、のしと水引が付いています。 「中袋」は封筒のことですね。 御祝儀の現金は、まず「中袋」にお金を入れ、次に「上包み」で包むようにします。 のし袋の中の「中袋」の書き方 ご祝儀を入れる中袋の表面中央には金額を書きます。 中袋の裏面左側には贈る側の氏名と住所を書きます。 記入スペースがある場合は、そのスペースに書きましょう。 金額を書くときは、「大字(だいじ)」と言われる旧漢字を使うのが一般的。 でも、普段書きなれない旧漢字を書くのは大変ですよね。 何より、出産祝いの場合は相手が若い夫婦のことが多いので、がんばって書いても、贈られた側が読めないということも… 相手に伝わらなければ意味がないので、最近は楷書で丁寧に書けば、いつも使っている略式(一、二、三)を用いても大丈夫です。 出産祝いで使う「大字(旧漢字)」の一覧 さてさて、読めても書けない旧漢字。 中袋に書くときにいつも困ってしまいます。 ということで、こちらに旧漢字を大きく載せておきましたので(笑)、参考にしてください! ちなみに、死を連想させる「四」は、普通使わないので掲載していません。 略字 大字(旧漢字) 1 壱 2 弐 3 参 5 伍 10 拾 20 弐拾 30 参拾 万 萬 円 圓 のし袋の裏は下が上にくるように折り重ねる! 上包み(のし袋の本体)の裏は、下側が上にくるように折り重ねましょう。 御祝い事では、「喜びが何度も受け止められるように」と下の折りが上にくるように折ります。 順番を逆にしてしまうと、弔事用になってしまうので気をつけましょう。 水引がついている場合は、丁寧に外してから中袋を入れ、上包み(本体)を畳んだ後、下側から水引をはめていきます。 水引のついていないカジュアルなのし袋の場合は、上包み(本体)に中袋(中包み)を入れ、封緘(ふうかん)シールで止めましょう。 知っておくと便利!自分で作れるのし書き印刷サイト のし紙印刷オンラインサービス 出産祝いの品物を購入した場合は、お店でのし紙をかけてくれることが多いと思います。 でも、連名で購入するときなど、自分でのしを作って後から掛けたいということもありますよね。 そんな時に役に立つのがこちらのサービス。 スタンダードなものからかわいらしいカジュアルなものまで、いろんなのし紙が選べますよ。 字体も4種類から選べますし、表書きや氏名を打ち込み、用紙の大きさを選ぶだけでPDFファイルを作ってくれて、そのまま印刷できるのでとっても簡単です。 水引の端っこに「のしJP」とサイト名が印刷されてしまうのがちょっと残念。 出産祝いの「のし」、いまどきは付けないことも! ここまでご紹介してきたように、出産祝いは慶事なので、のし紙やのし袋を使うのが一般的です。 ですが近頃では、のしをつけないケースも増えています。 例えば、物を贈るときにはリボンラッピング、お金を包むときは可愛いイラストが描かれているご祝儀袋という具合です。 親しい友達に贈る場合などは、スタンダードなものよりもそういった「のしなし」のカジュアルで可愛らしいものを用いた方が喜ばれることもありますよね。 でも、目上の方に贈る場合や、どれを選べばいいのかわからなくなった場合には、迷わずにスタンダードなものを選ぶようにしましょう。 まとめ いかがでしたか?わかっているようで意外と知らない、出産祝いの「のし」のマナーについてまとめてみました。 古くさいマナーのようにも思えますが、贈ることももらうこともそんなに滅多にないのが出産祝い。 せっかくの機会ですから、日本の伝統とマナーを思いきり楽しんでみることをおすすめします! STUDY PARK[スタディパーク]では、出産祝いにぴったりの木のおもちゃや、モンテッソーリ・モビール、トッポンチーノなど、赤ちゃんにとって本当に良いものをたくさん集めています。 舐めても安心安全なものばかりですので、出産祝いに贈るものを探している方もそうでない方も、ぜひお立ち寄りください!.

次の

これだけでOK!出産祝い「のし」の種類と書き方をイラスト簡単解説

出産 祝い イラスト

出産した友人や知人にお祝い金を渡したいとき、どんなのし袋がふさわしいのでしょうか。 どんな種類の水引が出産祝いにぴったりなのか、水引なしののし袋の使い方、さらに出産祝いにふさわしくないのし袋を整理しておきましょう。 また、出産祝いでのし袋を使う際、のし袋の書き方の基本、名前を書くところがないのし袋の使い方について、それぞれご説明します。 併せて、出産祝いに喜ばれるかわいい、おすすめののし袋もご紹介します。 出産祝いの「のし袋」にふさわしい水引は? 出産祝いをわたすとき、どんなのし袋が最適でしょうか? 赤ちゃんを出産した友人や知人にお祝い金をわたすとき、どんな「のし袋」に入れるべきなのでしょうか? 水引の種類 のし袋の中央にあるあでやかな紐は「水引」と呼ばれ、さまざまな種類があり、それぞれに願いが込められています。 水引を大きく分けると、「蝶結び(花結び)」と、かたく結んだ「結び切り」の2種類があります。 <蝶結び> 何度も結びなおせることから「何度あっても良い」という意味があります。 <結び切り> 一度結ぶとほどけないため「二度とないほうが良い」という意味がこめられています。 <あわび結び> アワビのような形からついた形の「あわび結び」。 <梅結び> さらに高度な結び方で、「硬く結ばれてほどけないように」の意味が込められています。 出産祝いにふさわしいのは蝶結び 出産祝いで使うのなら、「何度あっても嬉しい」というお祝いごとなので、蝶結びの水引を選びましょう。 また水引の本数は奇数が良いとされ、紅白5本の水引または7本がベスト。 水引の本数が多くなるほど豪華になるため、のし袋のサイズにあった5本が最適で、やや丁寧で豪華なお祝いにしたい場合は7本を選ぶ場合もあるでしょう。 正しい水引の向きは? また水引の向きについても、意味やマナーがあるため注意しておくことが大切。 水引が上にむいているのは、ほどきにくい結び方で、「一度あると良い」とされる祝い事に使われます。 一方、水引が下にむいている結び方は、何度でも結びやすいため「何度あっても良い」という祝い事に使われます。 そのため出産祝いには、下向きの水引を選ぶと良いでしょう。 出産祝いにふさわしくない「のし袋」 では出産祝いとして使うのに、ふさわしくない「のし袋」はどんなタイプのものでしょうか? せっかくのお祝いなのに、マナーを知らないために台無しにしてはいけません。 結び切りとあわび結びの水引 先ほどもご紹介したとおり、「二度と繰り返さないほうが良い」というお祝い事には、かたく結ばれた「結び切り」や「あわび結び」の水引が使われます。 これらは結婚のお祝いに使うもので、出産祝いには使われません。 水引の数が10本(偶数) 出産祝いにふさわしい水引の本数は5本が基本。 それよりも簡素化した場合は3本、豪華にした場合が7本です。 10本の水引は豪華すぎて婚礼に使われるのが一般的です。 印刷された水引 のし袋に水引が印刷されているものもありますが、その場合は簡素化された意味合いがあります。 近い関係にある友人へ渡すのならそれでも問題はありませんが、会社関係の方などに贈るのなら、水引がきちんとついたものを選んでおいたほうがいいでしょう。 「寿」の表書き 出産祝いののし袋の表書きは、「御祝」とするのが一般的です。 「寿」と表書きされているものは結婚祝いで使われるため、出産祝いにはふさわしくありません。 水引なしの「のし袋」、出産祝いでの使い方 のし袋の中には水引がないタイプのものもありますが、出産祝いで水引がないのし袋を使っても失礼ではないのでしょうか? 水引がないのし袋は、簡易的でカジュアルに使われる場合に利用されます。 結婚祝いでは水引があるほうが最適ですが、仲の良い友だちに贈る出産祝いや、小額を包む場合などなら、水引がないのし袋でも問題はないでしょう。 贈った相手にも、「お祝いのお返しをしなければ」という気持ちを与えないですむかもしれません。 出産祝いの「のし袋」の書き方 出産祝いの「のし袋」の書き方 次に、出産祝いののし袋の書き方について基本をご紹介します。 筆記用具 のし袋に名前などを書く際、使う筆記用具は毛筆が基本です。 ボールペンは避け、筆ペンでもかまいませんので、毛筆を選ぶようにしましょう。 表書き 出産祝いの表書きは「御祝」とします。 「御出産祝」と書くと、不吉とされる4文字となってしまうため注意が必要です。 名前 のし袋の下半分(水引の下)の中央部分に、贈り主の名前を書きます。 名字だけでもフルネームを書いても、どちらでもかまいません。 中袋 中袋には、表側の中心に縦書きで金額を書きます。 金額の数字は、壱、弐、参など漢数字を遣います。 中袋の裏側の左下には贈り主の住所と名前を書きます。 住所に使う数字は、漢数字である必要はありません。 のし袋の裏 のし袋の裏側は、上側の折り返しに下側をかぶせるようして折ります。 中袋の入れ方、のし袋の包み方 中袋にはお札を表向きにして、1万円の場合、福沢諭吉の肖像画が上にくるようにして入れます。 のし袋(上包み)の裏面の、下側の折り返し部分を水引から抜き、下から中袋を入れます。 中袋と上包みの表・裏、上・下を合わせるようにして入れます。 中袋をのし袋の中に入れる際は、買ったときの状態に戻すようにすると間違いがありません。 名前を書くところがない「のし袋」。 出産祝いでの使い方 デザイン性に優れたかわいらしいタイプののし袋だと、従来のマナーにそって名前を書くことができない場合があるかもしれません。 その場合は、無理に名前を書く必要はなく、のし袋の裏面左下や中袋に書くようにしましょう。 直接手渡しできる場合は、名前を書かなくてもわかりますが、もし手渡しできない場合なら事前にのし袋のことを伝えておいてもいいかもしれません。 もし、のし袋にメッセージを書ける名前などがあれば、そこに名前を書いておいてもいいでしょう。 出産祝いにピッタリ!かわいい「のし袋」のおすすめ 最後に出産祝いにふさわしい、かわいらしいのし袋をご紹介しましょう。 男の子用 たけいみき 祝儀袋 男の子が生まれた方にピッタリののし袋。 イラストレーターのたけいみきさんのキュートなシリーズです。

次の