尿 検査 タンパク。 尿蛋白

尿検査でわかることは?蛋白、糖、潜血等の異常の原因 [健康診断・検診・人間ドック] All About

尿 検査 タンパク

高一男です。 尿検査でタンパクが検出されて再検査となりました。 よく「尿検査前日に自慰行為をすると尿検査に引っかかる」と言われていますが、本当に前日の自慰行為と尿検査の結果は直結するんですか? 僕は前日にそれをやってしまったのでそれが直結してるならまだ良いです。 問題なのが自慰行為が原因ではないというのが心配です。 僕はあまりお菓子やジュース類は飲食しません。 お菓子は友人の家に遊びに行って貰ったら食べますが自分からは基本的にカロリーメイトをたまに食べるくらいしかしません。 飲み物も大抵お茶か水か牛乳を飲みます。 ジュースはほとんど飲みません。 またその他食生活を偏りなく食べてるので他のみんなより健康面では自信があるつもりです。 ですが何故尿検査でタンパクが検出されて引っかかってしまったんでしょうか? 健康に気遣ってるのに病気だったら凄く怖いですしこれからどのように飲食制限をしないといけないのか不安になります。

次の

検診で尿タンパクがひっかかった!どんな病気、原因が考えられる!?

尿 検査 タンパク

尿にたんぱく質が混じるということはどういうこと? 尿には、本来たんぱく質はほとんど存在しないと言われています。 それは、腎臓のろ過機能によって、体に必要な栄養素であるたんぱく質は、血液に吸収される仕組みになっているからと言われています。 ですから、尿検査で尿蛋白が陽性と判断された場合、腎臓の機能が低下していることが考えられます。 この老廃物をろ過し、きれいな血液を再び体へ取り戻す働きがあります。 そのため、腎臓の機能が低下し、造血ホルモンの分泌に異常が現れると、貧血の症状が出やすくなります。 これによって、体液の量や成分を正常な値にコントロールしています。 そのため、検査結果で要請と判断される場合も、3段階に分けて表されます。 尿検査で尿蛋白が陽性となる原因とは? 尿検査でたんぱく質が検出される原因には、次のようなことが考えられます。 再検査することをおすすめします。 これによって、体に必要なたんぱく質が栄養として摂取されずに、そのまま体の外へ排出してしまうことがあります。 そのため、風邪の治りかけの場合も、尿検査で尿蛋白が陽性となることがあります。 ただしこれは、あくまでも一時的な腎機能の低下なので、再検査すると、陰性になっていることもよくあります。 これは、あくまでも正常の範囲なので、特に問題はありません。 これは、プロテインの成分がたんぱく質であるため、食事の面でたんぱく質の量が一般的な量よりも多いことが原因であると考えられます。 スポンサーリンク 尿蛋白で陽性の場合、疑われる病気とは? 尿にたんぱく質が混じるという場合は、腎臓の機能低下が原因であると考えられます。 ですから、尿検査の結果で尿蛋白が陽性だった場合、次のような病気の可能性が考えられます。 これらの病気が影響して、腎機能を低下させている可能性があります。 まとめ 健康な人でも、健康診断の尿検査で尿蛋白が陽性となることもあります。 でも尿蛋白は、一時的な腎機能の低下によって起こることもあり、これによって陽性となることがありますので、まずは、再検査をしてみるのが一番です。 再検査後、やはり尿蛋白と判断された場合は、その原因を見つけ、早めに治療を行うようにしましょう。 早めに治療を開始すれば、治療にかかる時間も体への負担も軽減することができます。

次の

尿検査・尿タンパク・尿比重・ケトン体/血尿/UP・US・OB・HPF

尿 検査 タンパク

昔からなじみのある検尿の検査。 その基本的な 知識についてまとめておきましょう 尿検査は大人になってからの検診や人間ドックだけでなく、保育園や小学校の健康診断などでも実施されるポピュラーな検査なので、みなさん受けたことがおありでしょう。 「おしっこを採る」といういわば非日常的な行為は、幼心に強い印象を持っている方も多いのではないでしょうか? 一方、医療の現場、健康診断では尿検査というのは極めて有用な検査です。 それは、検便の検査と同様、身体に負担がかからない検査であるでありながら、色々な臓器の異常や疾病の徴候を見ることができるからです。 検便の検査については、「」をあわせてご覧下さい。 尿検査でわかることは? では、尿検査では何を測定し何がわかるのでしょうか? それは尿が作られるまでの過程を考えるとわかりやすいと思います。 尿は、腎臓と言う臓器で作られます。 腎臓はいわば血液から不要な物質を濾し取る臓器です。 腎臓で作られた尿は、尿管を通って膀胱に集められ、ある程度の量が貯まると尿道を通じて排泄されます。 通常は、ゴミの不要な成分と水分が尿を通じて体外に排泄されるということになりますが、様々な疾病によって、尿中に本来は含まれるはずのないもの、含まれてはならないものが混じってきます。 尿検査では、これらをチェックするわけです。 尿検査の代表的な項目……蛋白、糖、潜血など では、どんなものが混じってはいけないのでしょうか? 代表的なものについて解説しましょう。 蛋白(タンパク) 蛋白は基本的にゴミではありませんので、本来は腎臓できれいに濾し取られて、再び血液中にもどります。 これが尿中から見つかるということは、濾し取る編み目に問題があるということになります。 もし、蛋白が認められた場合には、腎臓の病気(腎炎やネフローゼ症候群)などの可能性を精査していきます。 糖 腎臓の機能そのものが正常でも濾し取る血液に含まれる糖の成分が多ければ、当然、濾し取ったあとの尿にも糖分が含まれます。 血糖を測定するには採血しなくてはなりませんので身体にそれ相応の負担がかかります。 しかし、尿糖は排泄された尿を測定するため身体に負担がかかることはないというメリットがあります。 最近はメタボリックシンドロームで知られるように糖尿病患者さんが増えていることもあり、健康診断での尿糖チェックはほとんどのケースで行われています。 ウロビリノーゲン これも糖と同じく、腎臓の機能そのものではなく濾し採る血液中に多く含まれていると、尿中にも出てくるのでチェックできるというものです。 ウロビリノーゲンは肝臓の細胞や赤血球の中に含まれている成分で、少量は血中にも尿中にも含まれるのが通例です。 しかし、肝臓の細胞がダメージを受けたり、赤血球が多量に壊れたりすると血中の値も上がり、尿中にも検出されます。 潜血 通常は尿中に血液は混じりません。 しかし、腎臓から尿管、膀胱から尿道から出血があると、尿中に血液が混じるようになります。 腎炎や膀胱炎のような疾患の他に、やはり、注意しておきたいのは腎臓・泌尿器系の悪性疾患(がん)です。 基本的に初期は症状が出ることは少ないので尿潜血陽性の場合にはきちんと精査をしておくことが必要です。 尿検査で異常が出たら……再検査・要精密検査 尿検査は簡便な検査である反面、過労や過度の運動などでも異常が見られる項目もあります。 自己判断はせずに、まずは、お近くの内科で診察・検査を受け、今後の検査・治療方針を決めていくことが重要です。 その他の腎臓の病気についてさらに詳しく知りたい方は、「」をあわせてご覧下さい。 【関連記事】•

次の