サイン 競馬 毘沙門天。 競馬会の演出

サイン会議

サイン 競馬 毘沙門天

12 / 09. 14 / 03. 10 連日流れ正逆6. 7 一日飛奇数日対象正逆5. 順不同になります。 人気ポイントは、ヤフー競馬の複勝の人気をポイントにしています。 今週は、 Q太郎さん4p! たまのシゲさん3p! ぱぱく1p7連 おめでとうございました!! さとしさん エールを送り続けます。 東京は、連日正6、偶数日正逆11. 12 偶数日正逆25、LN正逆1. 8 LN正逆1. 15、コロナ特にロナ. 出目正逆2 そして、土曜日に内枠4までがこなかったので 正1.

次の

サイン会議

サイン 競馬 毘沙門天

繰り返しますが 菊花賞が10-14で決まるという意味では ありません! くれぐれも早まらないでくださいね。 それでは【1014】とは何なのか?についてお話しします。 【1014】は 【ダービーと菊花賞を繋ぐためのサインナンバー】 です。 今年(2018年)のダービーのサインは 【タヤスツヨシ】でした。 ご存じない方(忘れた方)は、 当時の記事を読んでからここに戻ってきてください。 【1995日本ダービー】 1着 【14番】タヤスツヨシ この年の菊花賞を勝ったのが【10番】でした。 信じられませんか? では、でお見せした 【ミュゼの信越Sと秋華賞との連動】が【タヤスツヨシのダービー】 でも 再現されていたとしたらどうですか? ご覧ください。 秋華賞の 【11・13】は予告にすぎません。 いかがでしょうか? 【 東風Sの勝ち馬ミュゼエイリアン】 そして 【同馬が先週の信越Sに残していった 1014】 これがサインになるという話が現実味を帯びてきたと思いませんか? 私はかなりの手応えを感じています。 あとは サインが示す 真正指名馬の正体は? ですね。 2頭が候補として指名されています。 その2頭には 【ミュゼの 1014】 と 【ダービーと菊花賞を繋ぐ 1014】 が 完全に重なります。 2頭の名前は…… ブログに書けるのは ここまでです。 ここから先は 「日本サイン競馬会」の会員専用サイト(有料) で公開します。 「日本サイン競馬会」の会員専用サイト(有料)では 【日曜日の東西重賞のサイン解読】を 【毎週】 公開しています。 (ただし、G1週はG1のみ) 興味をお持ちの方は、ぜひご入会ください。 月額1200円(詳細は後述)です。 秋のG1戦線が本格的に始動するこの時期は、大いに楽しめると思います。 菊花賞の参加は 締め切り済みですが、天皇賞には間に合います。 ぜひ入会をご検討ください。 【入会申し込み】のためのリンクは、このページの 最下段にあります。 サイン予想サイトではない? 初めておいでになられた方は意味が分りませんよね? 当会はかなり 特殊な運営をしております。 一般の有料サイン予想サイトのつもりで入会されますと、絶対に後悔することになります。 入会は、コンテンツの特徴に納得していただけた方のみ受け付けております。 以下の文章を必ず 最後までお読みになってから、申し込むかどうかを決めてください。 当会は「サイン予想」を販売する業者ではありません。 私は、サイン予想はいたしません。 サイン解読を提示するだけです。 「サイン予想?サイン解読?・・・同じことだろう?」と思われたことでしょう。 同じではないのです。 私は サイン解読とサイン予想の分離を提唱しています。 今まで、このふたつは同じものとして扱われてきました。 しかし私は、まったくの 別物と定義しています。 有名なタカモト式の格言を例にとって説明します。 「マイルチャンピオンシップは船(シップ)レース。 船・海に関係する馬を狙え」 とても有名ですね。 実際にそういった結果が出ていますから、故高本氏は偉大な人物でした。 サインの黎明期に出現した唯一無二の存在だと思っています。 現代に生きるすべてのサイン解読家は、その流儀や解読法の如何を問わず、彼の弟子みたいなものです。 話がそれましたね。 ここで考えてみてください。 マイルCSに、船や海に関係する馬が何頭エントリーしているでしょうか? 1頭だけ・・・ というケースは稀ですね。 常に複数の候補が浮上します。 それに、3連単が主流の現代では、「1・2・3着すべてが海に関係する馬で占められる」と考えるのは無理があります。 馬券になる「海の馬」は1頭。 ひょっとすると2頭。 3連単を当てるなら、違うサインからも候補を選ばなければなりません。 当然、そのサインから浮上する候補も複数になります。 その候補は全部で何頭でしょうか? 3頭だけならいいですが、5頭・6頭・7頭・・・と 予想の前段階での候補はたくさんいるはずです。 これはタカモト式解読法の宿命のようなもの。 この解読法は数学とは異なり、たったひとつの答えは出ません。 常に候補は複数になります。 たとえば5頭が候補にあがったとしましょう。 この時点で、最低でも2頭は不要な馬ですね。 どれが不要なのか? ここから先が馬券的中のために最も重要な作業になります。 候補にあがった馬を篩いにかけて、 本当にサインが示している馬だけを残す。 どの解読を重視し、どの解読を軽視するのか序列をつける。 最終的に 優先順位の高いものを軸に馬券を組んでゆく。 こういったプロセスを経て、最後に出される予想結果が、購入すべき馬券ですね。 私は、このプロセスをサイン予想と定義しています。 ここからが重要なので、よく聞いてください。 私は サイン予想は提供しておりません。 公開しているのはサイン解読のみです。 そして公開するサイン解読は 複数あります。 「さまざまな切り口で、異なる解読を記事にして読ませる」 これが当会で提供する 「プレゼン(サイン解読の提示)」です。 候補となる馬は多頭数になります。 サイン予想は 会員様ご自身で行っていただく必要があるということです。 当会は、馬券的中を保証するという運営を行っておりません。 「さまざまなサイン解読を並列に提示するだけ」です。 当会に入会しただけでは 【馬券的中のためのサイン予想】は手に入らない のです。 あなたが得られるのは、 単なるサイン解読の提示だけです。 だからといって、価値がないということではありません。 このブログを読まれて、どう思われましたか? もし 「面白い」とか 「自分とは違う発想と展開だ」と思われたのなら、単なるサイン解読の羅列も無駄ではないということです。 あなたのサイン競馬ライフの一部として、きっとお役に立てます。 繰り返します。 当会では、 サイン予想や買い目は 提供しません。 提供しているのは以下の2つ。 あなたが 「最終的な解読&予想は自分でやる」というタイプのサイン派なら、当会に入会することをおすすめします! あなたが 「他人に買い目や最終結論などを指示される必要がない」とお考えなら、当会を自信を持っておすすめします! ただのサイン解読の提示に 1200円出す価値があるかどうか。 それは、あなたが決めてください。 あなたが欲しいのは 「結論&買い目」ですか? それとも 「あなたの解読を刺激する、解読記事」ですか? 入会受付けは、下記ページにて行っております。 ユーザー名 : adg パスワード : 123 (半角小文字です。 全角や大文字だと入れません) はこちら 【菊花賞サインはCM馬の耳】 菊花賞のテレビCMは 【馬の耳】です。 「そんな単純なわけないだろ」と思いましたね?(笑) これから裏づけをお見せしますので最後までおつきあいください。 サインによって特定の年度が指示されていない場合には 【直近のレース】がサイン発信源になります。 直近(今年・2018年)の東風Sの枠順と結果をご覧ください。 そうです。 先週日曜日の新潟11R・信越Sに出走していました。 そしてド派手なレースを演出してくれました。 信越Sは【ミュゼエイリアンに気付け】という JRAからのメッセージ だったのです。 信越Sに目を向けるべきだということは、秋華賞のリザルトが証明しています。 20分後 に行われる秋華賞の掲示板(1~5着)にのる馬番を、信越Sは 予告してみせている のですから。 (11番アーモンドアイと13番ミッキーチャームのワンツーは確定で、3着~5着は展開やレース中の有利不利で順番が入れかわる程度の差だったのだろうと推測されます) ここで疑問が湧きますね。 信越Sの 1着馬番である【10番】 は、なぜ連動しなかったのか? 【菊花賞へのサイン】 だからです。 2着以下の馬番連動は 【このサインが真正であることの証】 として発動しただけであり、サインの本番は菊花賞だからです。 日付けを見てください。 おっと! 答えが出たのでしょうか? 菊花賞では 【10-14】を買えばいいということなのでしょうか? ダメです! そう簡単ではありません(笑) といいますか、そういうモロバレの枠順を組んでくる可能性があったのでに 「モロバレのときはサイン解読の公開を中止するかもしれません」と書きました。 幸いなことに、JRAはそんな単純な枠順を組んでこなかったので、こうして解読を皆様にお届けすることができています。 菊花賞は【10-14】では決まりません。 では 【10-14】とは何なのか? 次のページでお話しします。 へ進む に戻る はこちら 【菊花賞サインはTVコマーシャル】 今年(2018年)の菊花賞における最重要サインは テレビCMだろうとみています。 明日(10月18日・木)の枠順確定を待ってから、 菊花賞CMサイン解読の一部を公開する予定です。 どこまで公開するかは、 JRAがどういう枠順を組んでくるかを見きわめたうえで判断します。 【菊花賞サイン攻略1】の 公開は10月19日(金)深夜を予定しております。 ぜひお越しください。 ただし、モロバレの枠順が組まれた等の場合には、 公開を中止する可能性もあります。 ご容赦ください。 そういった場合でも 【日本サイン競馬会(会員制有料サイト)】 では、解読のすべてを公開いたします。 日本サイン競馬会会員専用サイトでは、 毎週日曜日の東西重賞(G1週はG1のみ)のサイン解読を公開しています。 会費は月額1200円です。 (2018年10月現在の料金) ご興味をお持ちになられた方は、 試しに一度ご入会ください。 入会金等は発生しません。 月額利用料(会費)のみでOKです。 【入会方法】と 【具体的にどのような解読を行っているのか】は、下記リンク先のブログ過去記事をご参照ください。 これは 【第62代日本ダービー馬タヤスツヨシ】を指している。 このことをで証明しました。 リザルトの 一致 や、文字列の 一致 を考えれば、答えは 【タヤスツヨシ】 しかありません。 私がこのことを話す前から「1995年クラシックに注目していた」というサイン派は多かったはずです。 今年の流れが1995年と酷似しているからです。 しかしまったく同じというわけではありません。 フジキセキはダービーを走ることなく 引退 しましたが、ダノンプレミアムは ダービーに出走 してきます。 今年のダービーを勝つのはダノンプレミアムか、それとも他の馬か? 答えは 【タヤスツヨシ】が教えてくれます。 残念ですが、このブログに書けるのは ここまでです。 続きは 「日本サイン競馬会(会員制有料サイト)」にて 公開します。 興味のある方は、ぜひご入会ください。 ここでお話ししたサインの他にも 【いくつかの有力サイン】について公開する予定です。 【入会申し込み】のためのリンクは、このページの 最下段にあります。 サイン予想サイトではない? 初めておいでになられた方は意味が分りませんよね? 当会はかなり 特殊な運営をしております。 一般の有料サイン予想サイトのつもりで入会されますと、絶対に後悔することになります。 入会は、コンテンツの特徴に納得していただけた方のみ受け付けております。 以下の文章を必ず 最後までお読みになってから、申し込むかどうかを決めてください。 当会は「サイン予想」を販売する業者ではありません。 私は、サイン予想はいたしません。 サイン解読を提示するだけです。 「サイン予想?サイン解読?・・・同じことだろう?」と思われたことでしょう。 同じではないのです。 私は サイン解読とサイン予想の分離を提唱しています。 今まで、このふたつは同じものとして扱われてきました。 しかし私は、まったくの 別物と定義しています。 有名なタカモト式の格言を例にとって説明します。 「マイルチャンピオンシップは船(シップ)レース。 船・海に関係する馬を狙え」 とても有名ですね。 実際にそういった結果が出ていますから、故高本氏は偉大な人物でした。 サインの黎明期に出現した唯一無二の存在だと思っています。 現代に生きるすべてのサイン解読家は、その流儀や解読法の如何を問わず、彼の弟子みたいなものです。 話がそれましたね。 ここで考えてみてください。 マイルCSに、船や海に関係する馬が何頭エントリーしているでしょうか? 1頭だけ・・・ というケースは稀ですね。 常に複数の候補が浮上します。 それに、3連単が主流の現代では、「1・2・3着すべてが海に関係する馬で占められる」と考えるのは無理があります。 馬券になる「海の馬」は1頭。 ひょっとすると2頭。 3連単を当てるなら、違うサインからも候補を選ばなければなりません。 当然、そのサインから浮上する候補も複数になります。 その候補は全部で何頭でしょうか? 3頭だけならいいですが、5頭・6頭・7頭・・・と 予想の前段階での候補はたくさんいるはずです。 これはタカモト式解読法の宿命のようなもの。 この解読法は数学とは異なり、たったひとつの答えは出ません。 常に候補は複数になります。 たとえば5頭が候補にあがったとしましょう。 この時点で、最低でも2頭は不要な馬ですね。 どれが不要なのか? ここから先が馬券的中のために最も重要な作業になります。 候補にあがった馬を篩いにかけて、 本当にサインが示している馬だけを残す。 どの解読を重視し、どの解読を軽視するのか序列をつける。 最終的に 優先順位の高いものを軸に馬券を組んでゆく。 こういったプロセスを経て、最後に出される予想結果が、購入すべき馬券ですね。 私は、このプロセスをサイン予想と定義しています。 ここからが重要なので、よく聞いてください。 私は サイン予想は提供しておりません。 公開しているのはサイン解読のみです。 そして公開するサイン解読は 複数あります。 「さまざまな切り口で、異なる解読を記事にして読ませる」 これが当会で提供する 「プレゼン(サイン解読の提示)」です。 候補となる馬は多頭数になります。 サイン予想は 会員様ご自身で行っていただく必要があるということです。 当会は、馬券的中を保証するという運営を行っておりません。 「さまざまなサイン解読を並列に提示するだけ」です。 当会に入会しただけでは 【馬券的中のためのサイン予想】は手に入らない のです。 あなたが得られるのは、 単なるサイン解読の提示だけです。 だからといって、価値がないということではありません。 このブログを読まれて、どう思われましたか? もし 「面白い」とか 「自分とは違う発想と展開だ」と思われたのなら、単なるサイン解読の羅列も無駄ではないということです。 あなたのサイン競馬ライフの一部として、きっとお役に立てます。 繰り返します。 当会では、 サイン予想や買い目は 提供しません。 提供しているのは以下の2つ。 あなたが 「最終的な解読&予想は自分でやる」というタイプのサイン派なら、当会に入会することをおすすめします! あなたが 「他人に買い目や最終結論などを指示される必要がない」とお考えなら、当会を自信を持っておすすめします! ただのサイン解読の提示に 1200円出す価値があるかどうか。 それは、あなたが決めてください。 あなたが欲しいのは 「結論&買い目」ですか? それとも 「あなたの解読を刺激する、解読記事」ですか? 入会受付けは、下記ページにて行っております。 ユーザー名 : adg パスワード : 123 (半角小文字です。 全角や大文字だと入れません) はこちら 【日本ダービーサインはタヤスツヨシ】 今年(2018年)のダービーを教えてくれるのは 【第62代日本ダービー馬タヤスツヨシ】です。 昨年(2017年)のダービーを教えたサインは【16410】=【ウオッカ】でした。 これを 継承するサインが今年発動します。 それが 【タヤスツヨシ】です。 昨年のダービーサインをご存知ない方は 当時の記事(下記リンク先)をお読みください。 時間のない方は未読でも結構です。 では本題に入ります。 今年の 3歳に ウオッカの産駒がいます。 タニノフランケルです。 順番は入れ換えることができます。 したがって、 タニノフランケルのデビュー時調教ゼッケンは【64】と読めます。 言うまでもありませんが、これは 【ウオッカの64】を表現するためのものです。 この馬は 【昨年のダービーサインを背負ってデビュー】したということになるわけです。 現在のタニノフランケルの調教ゼッケンはこれです。 なぜそう断言できるのか? 【タニノフランケルのデビュー戦リザルト上位3頭】が 【62回ダービー上位3頭】を再現しているからです。 これは皐月賞の結果からも分かります。 【1・2着馬のゼッケン】で、これがタヤスツヨシを表現するものであるとJRAは教えてくれています。 【14】は 【タヤスツヨシのダービーゼッケン】と同じです。 今年の皐月賞は 【田安】 そして 【タヤスツヨシのゼッケン】 で決着したのです。 皐月賞はダービーのトライアルという側面を持っています。 同時にサインのトライアルでもあるのです。 ダービーサインの予告なのです。 今年のダービー馬は【タヤスツヨシ】が教えてくれます。 続きは次のページでお話ししましょう。 お進みください。 へ進む に戻る はこちら 【有馬記念のサインはハーツクライ】 サインナンバー 【14637】は 【ハーツクライの有馬記念】です。 無敗の三冠馬ディープインパクトを破り、中山競馬場に沈黙をもたらした馬ハーツクライ。 今また武豊の1番人気を粉砕し、沈黙の日曜日を演出しようと画策しています。 【146サインの原点】それは 【JRAブランドCM「 a beautifl race」】です。 【0】は【無】とすることができます。 したがって 【16410】は【146】で も あるということです。 【参考サイト】 (いずれ削除されます・確認はお早めに) 今年の。 このサインをJRAは 有馬記念でも発動しようというのです。 CMのレースを勝つ馬をご存知ですか? 【10番】です。 で 【ゴール入線後にガッツポーズをする10番の騎手】がはっきりと映し出されています。 (上記メイキングURLの1分42秒あたり) 右手をあげているジョッキーは 【武豊】です。 ナレーションを入れるなら「右手をあげた武豊!」になるでしょう。 【ブランドCMのレース】 1着 【10番】 【武豊】 なんということでしょう。 【10番が勝つ】= 【第二のハーツクライによる有馬制覇】 【武豊が勝つ】= 【キタサンブラックが有終の美を飾る】 JRAは どちらに転んでもんでもいいように一年前から仕込んでいたのです。 当然のことです。 どんなに強い馬も体調が整わなければ勝つことはできません。 複数ある選択肢の中から 可能性の高い馬を指名するのがサインです。 あるいは、 指名できる状況を整えておくというのがJRAのサインなのです。 しかし・・・・・・ 有馬記念を目前に控えた 現段階なら話は別です。 JRAは 勝ち馬を特定しているはずです。 キタサンブラックが勝つのか? 第二のハーツクライが出現するか? 出現するとすれば、それは どの馬なのか? 解読も最終局面に入ってきました。 残念ですが、このブログに書けるのは ここまでです。 続きは 「日本サイン競馬会(会員制有料サイト)」にて 公開します。 興味のある方は、ぜひご入会ください。 ここでお話ししたサインの他にも 【いくつかの有力サイン】について公開する予定です。 【入会申し込み】のためのリンクは、このページの 最下段にあります。 サイン予想サイトではない? 初めておいでになられた方は意味が分りませんよね? 当会はかなり 特殊な運営をしております。 一般の有料サイン予想サイトのつもりで入会されますと、絶対に後悔することになります。 入会は、コンテンツの特徴に納得していただけた方のみ受け付けております。 以下の文章を必ず 最後までお読みになってから、申し込むかどうかを決めてください。 当会は「サイン予想」を販売する業者ではありません。 私は、サイン予想はいたしません。 サイン解読を提示するだけです。 「サイン予想?サイン解読?・・・同じことだろう?」と思われたことでしょう。 同じではないのです。 私は サイン解読とサイン予想の分離を提唱しています。 今まで、このふたつは同じものとして扱われてきました。 しかし私は、まったくの 別物と定義しています。 有名なタカモト式の格言を例にとって説明します。 「マイルチャンピオンシップは船(シップ)レース。 船・海に関係する馬を狙え」 とても有名ですね。 実際にそういった結果が出ていますから、故高本氏は偉大な人物でした。 サインの黎明期に出現した唯一無二の存在だと思っています。 現代に生きるすべてのサイン解読家は、その流儀や解読法の如何を問わず、彼の弟子みたいなものです。 話がそれましたね。 ここで考えてみてください。 マイルCSに、船や海に関係する馬が何頭エントリーしているでしょうか? 1頭だけ・・・ というケースは稀ですね。 常に複数の候補が浮上します。 それに、3連単が主流の現代では、「1・2・3着すべてが海に関係する馬で占められる」と考えるのは無理があります。 馬券になる「海の馬」は1頭。 ひょっとすると2頭。 3連単を当てるなら、違うサインからも候補を選ばなければなりません。 当然、そのサインから浮上する候補も複数になります。 その候補は全部で何頭でしょうか? 3頭だけならいいですが、5頭・6頭・7頭・・・と 予想の前段階での候補はたくさんいるはずです。 これはタカモト式解読法の宿命のようなもの。 この解読法は数学とは異なり、たったひとつの答えは出ません。 常に候補は複数になります。 たとえば5頭が候補にあがったとしましょう。 この時点で、最低でも2頭は不要な馬ですね。 どれが不要なのか? ここから先が馬券的中のために最も重要な作業になります。 候補にあがった馬を篩いにかけて、 本当にサインが示している馬だけを残す。 どの解読を重視し、どの解読を軽視するのか序列をつける。 最終的に 優先順位の高いものを軸に馬券を組んでゆく。 こういったプロセスを経て、最後に出される予想結果が、購入すべき馬券ですね。 私は、このプロセスをサイン予想と定義しています。 ここからが重要なので、よく聞いてください。 私は サイン予想は提供しておりません。 公開しているのはサイン解読のみです。 そして公開するサイン解読は 複数あります。 「さまざまな切り口で、異なる解読を記事にして読ませる」 これが当会で提供する 「プレゼン(サイン解読の提示)」です。 候補となる馬は多頭数になります。 サイン予想は 会員様ご自身で行っていただく必要があるということです。 当会は、馬券的中を保証するという運営を行っておりません。 「さまざまなサイン解読を並列に提示するだけ」です。 当会に入会しただけでは 【馬券的中のためのサイン予想】は手に入らない のです。 あなたが得られるのは、 単なるサイン解読の提示だけです。 だからといって、価値がないということではありません。 このブログを読まれて、どう思われましたか? もし 「面白い」とか 「自分とは違う発想と展開だ」と思われたのなら、単なるサイン解読の羅列も無駄ではないということです。 あなたのサイン競馬ライフの一部として、きっとお役に立てます。 繰り返します。 当会では、 サイン予想や買い目は 提供しません。 提供しているのは以下の2つ。 あなたが 「最終的な解読&予想は自分でやる」というタイプのサイン派なら、当会に入会することをおすすめします! あなたが 「他人に買い目や最終結論などを指示される必要がない」とお考えなら、当会を自信を持っておすすめします! ただのサイン解読の提示に 1200円出す価値があるかどうか。 それは、あなたが決めてください。 あなたが欲しいのは 「結論&買い目」ですか? それとも 「あなたの解読を刺激する、解読記事」ですか? 入会受付けは、下記ページにて行っております。 ユーザー名 : adg パスワード : 123 (半角小文字です。 全角や大文字だと入れません) はこちら 【有馬記念のサインは146】 サインナンバー 【146】は 【キタサンブラック】です。 有馬記念ファン投票で1位に輝いたキタサンブラック。 得票数をご覧ください。 オルフェーヴルとジェンティルドンナ(&)の 共通点とは何か? 有馬記念での引退を表明して勝利した馬 キタサンブラックに 【146】が与えられた以上、この馬が 有馬記念を勝って引退するというストーリーが完全に出来上がっています。 第62回有馬記念優勝馬はキタサンブラックです! ・・・・・・と、断言したいところなのですが・・・・・・ キタサンブラックの 優勝を阻止する可能性を持った馬が存在します。 その馬は、 【同じサイン】=【146(37)】によって指名されているのです。 キタサンブラックを 打ち破り、完膚なきまでに 粉砕し、競馬場を 沈黙させる可能性を持った馬。 次のページへお進みください。 はこちら 【有馬記念の予告サインは京阪杯】 JRAのサインには 【予告レース】というものが存在します。 既に終了したレースのリザルトを使いG1レースへのサインとするという手法です。 サインを発信するレースは、 その時々によって変わります。 JRAレースのみならず、南関東重賞や海外G1が使用されることもあります。 今回紹介するのは【G1レースの次に行われるレース(最終12レース)が次のG1を教える】というサインです。 【G1レース当日の最終レースが次のG1へのサインになる】ということです。 (毎回そうなるという意味ではありません) 【秋の古馬三冠】 天皇賞(秋) ジャパンC 有馬記念 天皇賞(秋)当日のの 【1・2・3着馬番】が、の 【1・2着】を ズバリ指名しています。 (3つの馬番を並べ、同じ数字を重ね、0を無としてみてください。 シュヴァルグランとレイデオロの馬番になります) よって、 ジャパンC当日の最終レース が 有馬記念にサインを発信 します。 この日の最終レースは 京阪杯 でした。 (東京では最終レースが行われず、JCの後に行われたのは京阪杯だけです。 有馬記念で【146】が馬券になるのは 確定 です。 ただし・・・・・・ 馬番 で来るとは 限りません。 うかつに馬番に飛びつくと痛い目を見るかもしれませんよ。 【146】とは 【ある馬】 を暗示する数字なのです。 その馬の名は・・・・・・ 次のページで公開します。 はこちら 【有馬記念・北斗の拳サインはナムラコクオー】 JRA公式サイトには、有馬記念と 【北斗の拳】のコラボ企画がUPされています。 先頭を走っている真っ黒な巨漢馬は 【黒王号(こうおうごう)】といいます。 JRAには 6頭の【コクオー】と2頭の【コクオウ】が存在しました。 (データ公開されている1984年以降) その中で 最も有名なのは 【ナムラコクオー】です。 8頭の【黒王】の中で 唯一重賞を勝っているのがこの馬。 ナムラコクオーが制した重賞のうち 最も格が高いレースはNHK杯(G2)でした。 【14673】で決着しています。 面白いことになってきましたね。 【146】の強調はまだあります。 【予告レース】です。 次のページにお進みください。 はこちら.

次の

JRAサイン 競馬暗号完全攻略

サイン 競馬 毘沙門天

詳細 2020年6月4日 15:50更新 2001年の有馬記念。 この年はアメリカで史上最悪のテロがあった年。 その年の締めくくりの大レースは、俗にいわれる「テロ」馬券、「マンハッタン」カフェと「アメリカン」ボスで決まり、馬連は48650円。 これは、日本の国民にいつまでも、このテロを許してはならない、忘れてはならない、という強いメッセージが込められたサイン馬券として今も語りつがれている。 そこでこのコミュニティでは、血統、調教、馬の成績等をほとんど無視した、世間では「邪道」と非難されることもある「サイン馬券」だけをあえて取り上げ、みんなで語り合う場にしましょう。 血統予想や、騎手・厩舎予想、データ予想、調教予想などの本格的予想はあえて取り扱わず、その週にあったニュース、レース当日の行事、レース名と馬名の関連などから、勝ち馬の「サイン」を導きだし、馬券購入の参考にするコミュです。 ただし、これは競馬予想のすべてのコミュニティにいえることですが、もちろん馬券購入は完全なる自己責任であるので、その的中・不的中に対し、当方は一切その責任を負いませんのでご了承ください。 本格的予想では、絶対に買うことのできない超人気薄の馬もサイン馬券では当たり前のように買うことができるのが魅力ですね。 私が選ぶ過去の最大のサイン馬券は、平成17年の秋の天皇賞。 天皇陛下がご観戦されたこのレース(天覧競馬)で、愛子さまの誕生日、平成「13」年「12」月「1」日の数字を3連単ボックス買いするだけで的中!!わずか600円が122万に化けた奇跡のサイン馬券(もちろん私は買ってませんが・・)といえるでしょう。 最近でいえば、平成19年の皐月賞。 この週にハンカチ王子こと早稲田の「斉藤」投手が六大学デビューで初勝利。 そして15番人気の「斉藤」厩舎のサンツェッペリンが激走。 しかも連の相手は甲子園でのライバル「田中」騎手。 馬連は9万をこえました。 (これは馬単裏表で100円だけ買ってました) そんな私の最大の夢は、サイン馬券で家を建てることです。

次の