ふたりで恋をする理由 ネタバレ 25。 ふたりで恋をする理由【第8話】最新話のネタバレと感想!!

【ふたりで恋をする理由】13話ネタバレ&感想 嫌な予感でいっぱいなのは何故!?

ふたりで恋をする理由 ネタバレ 25

ふたりで恋をする理由 13話の登場人物 ・安堂 うらら 高校1年生。 電車で困っているときに助けてもらった愛慈先輩に一目惚れしてしまう。 ・岡庭 愛慈(あいじ)先輩 うららと同じ高校の2年生。 いつも笑顔で優しい。 美園くんと幼なじみ。 ・美園 純(みその じゅん) うららと同じクラスメイトで愛慈先輩と幼なじみ。 うららに対し気持ちの変化が・・・? ・ 有坂 真綾(ありさか まあや) 星泉(せいせん)女子の高校2年生。 愛慈の中学の同級生。 ふたりで恋をする理由 13話ネタバレ reason 13 ~高台にて~ 愛慈とショートカットの美少女は向かい合わせで見つめ合っており、 うららは愛慈の背後から、誰?星泉(せいせん)女子の制服だよね? きれいなひと・・・知り合いなのかな?と思っていると、 無表情な顔で口を開き、 「久しぶり、なにしてんのこんなとこで」 と言う愛慈。 すると、うららはその女の子と目が合い、 「別に帰り道にただ通りかかっただけよ、それじゃ」と辛そうな顔で去って行く女の子。 うららはその女の子の後ろ姿を見つめていると、愛慈は無言で逆方向に歩き出し、うららはその後を追います。 「今の人って・・・?知合いですか?」といううららの質問に、 愛慈は「ああ・・今のは中学の同級生」 「やっぱ地元だと同中のやつとかたまに遭遇するね」と答えてくれますが、 愛慈はその後ずっとボーっとしていていつもの笑顔はどこにも無いのでした・・・ ~うららの家にて~ うららはお風呂の湯船に浸かりながら、 先輩絶対なんかいつもと違った 様子変だった 先輩がっていうかあのふたりの雰囲気が・・・ とモヤモヤ・・・・ しかしうららは、あの人はただの同級生! と自分に言い聞かせることにするのでした。 うららがお風呂から上がると母親に呼び止められ、 知り合いのケーキ屋さんで短期アルバイトしない?と提案されます。 うららは快諾し、早速アルバイトをすることになるのでした。 ~そしてケーキ屋さんアルバイト初日~ うららがお店に行くと、オーナーの親戚のアルバイトの子を紹介されます。 「まあちゃん~ちょっとこっち来てごらん~」 そう言われてうららの前に現れたのは、先日見かけた愛慈の中学の同級生の人・・・ うららはこんなことってあるの・・・? 世間が狭すぎる!と混乱・・・ うららは仕事内容をオーナーから教えてもらい早速店頭に真綾と立ちます。 うららは完ぺきな笑顔でお客様に対応。 しかし隣に立っている真綾は声は小さく、顔が怖く全然接客向きではありません・・・ うららは真綾の横顔を見つめ、 顔ちっさくて目おっきくてまつ毛長くて肌も好き通るみたいに白くて、めちゃくちゃ美少女だよなあ・・・ しかしこの静けさは何か喋った方がいいのかな?と真綾に声を掛けてみるうらら。 すると真綾はすごく怯え、警戒されるうらら・・・(笑) うららは純粋にショックを受けてしまい、前を向いておとなしくしていると、 「あひゃッひぇ、な、なにっか、わ、わたわた、しにっに、に」 と言葉になっていない声が聞こえてきて振り向くとそこにはテンパっている真綾の姿が。 そんな真綾を心配したうららは真綾にコップに入った水を渡します。 真綾はお礼を言いながら、 「昔から話すことが苦手で・・・特に初めてとか慣れない人だと緊張しちゃって・・・」 そう言われうららは、 愛慈先輩とは普通に喋ってた・・・ てことは仲が良かったこと・・・?とふと思ってしまいます。 真綾「こういう接客業なんて一番向いてないのわかってるんですけど・・・」 「自分でもこういう所ちょっとでもどうにかしたくて叔母さんに無理言ってここでアルバイトさせてもらってて」 安堂さんにも嫌な思いさせちゃってごめんなさいと真綾はうららに謝り、顔を俯かせてしまいます・・・ そんな真綾をうららはジッと見つめ、 大丈夫ですよ!きっとこういうのって慣れだと思うので! それにその美貌で笑顔で接客できるようになったら有坂さんもうこわいもんなしです! そう言うとうららは左手でガッツポーズをしながら、 つまり! 無敵で! 最強!! と小学生男子みたいな事を口走ってしまったうらら(笑) しかしそんなうららを見て「安堂さんっておもしろいんだね」とニコっと笑う真綾。 そんな真綾の笑顔にうららはドキッとしてしまいます・・・ このひと 本当の本当に かわいい ~バイト先のスタッフルームにて~ うららと真綾はバイトが終わり、帰り支度をします。 うららは学校の制服に着替えながら、 ーーこの様子だと多分私があの時(高台)、愛慈先輩と一緒にいた人間だって気付いてない感じだよねーー ーー「あの時会いましたね」なんて私の方からわざわざ言う必要ないよねーー ーー別におかしなことじゃないよねーー だっていまここで余計なことを口にしたら 先輩が遠くに行っちゃうような気がして・・・ そんな事を思っていると、真綾からうららに声を掛けられます。 「安堂さんの制服、陽川(はるかわ)高校の制服だよね」 「2年生に岡庭愛慈くんっていない?」 「安堂さん・・・岡庭くんって知ってる・・・?」 真綾はそう言いながら悲しそうな顔でうららをじっと見つめるのでした・・・・ あの時からずっと 正体不明の不安が 嫌な予感が胸の中にいっぱいなの と、どうしていいのかわからなくなってしまううらら・・・・ ~学校にて~ うららは廊下を歩いていた純に声を掛け、ふたりで話せないかな?と呼び止めるのでした・・・.

次の

【ふたりで恋をする理由】13話ネタバレ&感想 嫌な予感でいっぱいなのは何故!?

ふたりで恋をする理由 ネタバレ 25

ふたりで恋をする理由【第8話】のネタバレ 練習を再開した愛慈とうらら 愛慈はうららにだいぶよくなってきたと褒めたので、うららは目を輝かせて先輩のお陰だと喜びます。 そして、愛慈が特訓メニューもバスケ部に聞いてくれていたと知ったうららは、どうしてそこまでしてくれるのだろうと期待してしまいます。 そして 『そんなこと言って 俺が本当にすきになったらどうするの』 という愛慈のセリフを思い出し、好きな人にあんなこと言われて期待しない人なんていない… と思っていると愛慈が、明日はバイトのため練習にこれないから休みにしようと言います。 それでもうららは一人で練習すると気合いを見せますが、 そんなうららのガッツポーズをみて愛慈は思わず吹き出してしまいます。 翌日、愛慈は美園にうららの練習に付き合うように頼みますが、美園は「はぁ!?やだよなんで俺が」と全力で拒否します。 それでも愛慈は行ってあげてよ!よろしくな!と美園の反応を無視するように去ってしまいます。 教室に戻った美園は、うららのことをちらちらと見ながら、練習みてやるって何すれば…とつい考えてしまいますが、 いや行かないけど!と心の中でつっこみます。 そして、うららのことを再びちら見しながら、愛慈だからやる気なだけで、自分が行ったところで別に嬉しくないだろうと考え、 いや断じて行かないけど!!と再び心の中でつっこみます。 笑 そんな葛藤の末、美園はうららのいる練習場所に向かうのでした。 (一応行ったという事実を作っておかないとあとでうるさいから…) (ていうか愛慈くんが来ないんならあいつも練習なんて来ないだろ) (サクッと覗いてサクッと帰ろう…) そんなこと考えながら公園に着くと、一人黙々と練習しているうららの姿を見つけます。 うららは背後から聞こえた咳払いに振り返ると、美園が立っていたので 「え…え!?なにしてるの!?」と驚きます。 そして、たまたま通りかかっただけ言うわりに、美園がいつまでも自分のこと仁王立ちでをじっと見ているので、 「え…な、なに?」 「何か用?」とうららは恐る恐る聞きますが、 俺のことは気にせず続きやればと美園はその場で鉄の柵に寄りかかり、観察モードになります。 スポンサーリンク うららは練習を続けますが、30分以上経つのに一向に帰る気配もなく、ただただじーっとうららを見ている美園の事を へたくそが必死になってるのをみて面白がってるんだ!と思います。 すると美園が「あ…」と声を発したので、すかさず「なに?」とうららは聞き返しますが、 美園は「別に…なんでも…」と言うのをためらいます。 言いたいことあるならへたくそでもなんでもいえばいいじゃん!とうららがムキになるので、美園は思ったことを話し始めますが、 うららの練習を見て、淡々とアドバイスをし始める美園に、ちゃんとアドバイスしてくれると思ってなかったと驚きます。 そして美園は3Pシュートの仕方をうららにアドバイスし、うららは半信半疑で聞きながらも、言われた通りにやってみます。 すると一度も届いたことがなかったのに初めてゴールに届いたので、うららはぴょんぴょん跳ねて大喜びします。 そんなうららの姿をみて、美園はつい、 「今日は残念だったな愛慈くん来れなくて」と言います。 そしてコーチに頑張ってること見てもらえないのになんでこんなに練習してるのかとうららに尋ねます。 うららは、愛慈が来られないのは残念だけど、本当にバスケが頑張りたい、やるからには勝って最後にんなで思い切りわらいたいと笑顔で答えます。 美園はそんなうららに一瞬引き込まれてしまいます。 そしてうららの爪が割れていたので、美園は自分のバックから絆創膏を取り出し、 「もらいものだからクマの絵がついてるけど」と言いながらうららに渡します。 その絆創膏には、クマの絵の下に「NEKO」と書いてあったので、ふたりは 「これクマじゃなくネコじゃない?」「…いやでもこれクマだろ…」 といい合いますが、美園はおかしくなって笑い出してしまいます。 うららは美園の笑った顔を見て思わず感動してしまします。 そして美園に、笑った顔の方がいいと思うと言うのでした。 その夜、美園は鏡の前で、うららに笑った顔の方がいいと言われたことを思い出し、にやっと笑ってみせます。 そして何をしてるんだおれは!!と頭をぐしゃぐしゃと掻きむしります。 一方、愛慈は今日の出来事をうららから携帯のメッセージで聞いていました。 そして、初めて美園の笑っているところを見たというメッセージを見た愛慈は美園が笑ったことに 「へぇ…」と何かを思うのでした。 それに、美園は普段あまり笑わないのか、うららの前で笑ったことが愛慈にとっては珍しいことだと感じたのでしょうか。 愛慈も美園の気持ちの変化に気づき始めているのでしょうか。

次の

【ふたりで恋をする理由】最新刊3巻の発売日情報&無料で収録話数を先読みする方法!|漫画サイコー!

ふたりで恋をする理由 ネタバレ 25

ふたりで恋をする理由【第26話】のネタバレ 岡庭にフラれ、 ボロボロになってしまったうらら。 しかし、美園に家に招かれ、 彼に寄り添われつつ自分の気持ちを整理しながら泣いたことで、 少しずつ癒され始めていた。 ただ、 まだ気持ちが残るのは事実。 それでも 泣くのは今日までだと決めて、 明日からはきっと、前を向こうとうららは改めて決めたのだった。 癒えないうららの傷 そして、 ある日の朝。 登校しようと歩いていた美園は、近所の人に 「岡庭と一緒じゃない」ことを、何気なく指摘される。 というのも、 「岡庭と美園はいつも一緒」というイメージが、周囲には定着していたのだ。 しかし美園は、 それをうまくかわしつつ、ふいに複雑な表情を浮かべる。 こうして、 何事もなかったように毎日を過ごすうちに、 気が付けばハロウィンから、1カ月ほど経過していたのだった。 しかし 明るく振る舞い続けるうららを、 友人たちは実は心配している。 お昼休みに、 教室に忘れ物を取りに来たうららと、 美園がぶつかってしまう。 すると、 少し美園は顔を赤らめるが、 うららは全く気付いていない様子。 と、そんな時だった。 先生がふと、自分の気分 で席替えをすると言い出す。 ただ、それを他人に言われれば、 美園は「うららが馴れ馴れしいだけ」だと否定。 しかし、 それにまたケンカをすれば、 周囲にとってははやり、「仲良しのふたり」にしか見えないのだった。 と、そんな内心で。 そのため、 美園に感謝を感じるものの、ただ 自分の中に「時間が止まった自分」がもう一人いるのも、 うららは感じ取っていた。 そのため、 何か「きっかけ」を探すべく、動き出す方がいいのではとも思ううらら。 すると そんなうららを、美園はじっと見つめていたのだった。 うららへの新たな出会い と、そんな放課後。 うららはなんと、 秋丘高校の男子と遊ぶのに、一緒にどうかとさそわれる。 言い分としては 「一応男女比を合わせたい」ということらしいが、 要は合コンだった。 ちなみに それをさそってきたのは、彼氏と別れたばかりの斉藤で、 斉藤は、例え軽いと思われても、 「本当の運命の出会い」を求めて動き出しているよう。 すると、 うららの友人・萌も参加することにし、 うららを半ば強引に一緒に連れて行くと言い出した。 というのも、 萌としては「うららの恋の傷」を癒してあげたかったのだ。 そのため、 「本当の運命の相手」を、「次の恋」で見つけられたらと思った様子。 しかし、 一方で全くついていけないうらら。 そしてそれを、 美園はただ、心配そうに眺めていたのだった。 と、そんな一方で、その相手である 秋丘高校の男子。 U-NEXTを使えばマーガレット2020年9 号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回のふたりで恋をする理由の最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! ふたりで恋をする理由【第26話】の感想と考察 いや、まさかとは思うんですが、 もしかして美園はこのまま、見守っていくポジションに入るんでしょうか…? しかも新しいキャラが入りそうで、ちょっと不安がすごい。 さらに、先輩のことは??本当にこれで終わってしまったのか?? うららのことはさておき、それがきっかけで、先輩と美園の関係まで壊れているのが、どうしても気になって仕方ありません。 もはや色んなことが気になりすぎて、どうなるのか目が離せません! でもまずは美園とうららがくっついてほしいー!次回も楽しみに待っています! 次回のふたりで恋をする理由【第27話】掲載のマーガレット発売日は4月20日になります! まとめ 以上、ふたりで恋をする理由【第26話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の