コロナ ウイルス 居酒屋。 「酒場喪失は都市機能の喪失」 街の居酒屋に公的補助を [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

居酒屋チェーンに臨時休業相次ぐ、新型コロナウイルスの感染拡大抑制へ|食品産業新聞社ニュースWEB

コロナ ウイルス 居酒屋

本日、クルーズ船に乗船していた客のうちに感染し重症だった2人の高齢者がお亡くなりになりました。 ご冥福をお祈り申し上げます。 それにほりは暴落しましたが、思っていたほど下げ切らなかったという印象はあります。 今後も同じような報道がなされることもあるかと思いますが、下げは限定的であるということを覚えておくようにします。 そんな新型コロナ一色の日本。 それによってダメになる企業と儲かる企業がどうしてもでてきます。 (不謹慎ですが…) まず、ダメになる職企業 ダメになるのは• 観光業• 飲食業(レストラン・居酒屋・ファーストフード店など)• (新幹線・バス・電車)• 宿泊業(ホテル・民宿・温泉)• レジャー施設(ディズニー・遊園地・美術館・博物館など)• 百貨店 観光客がいなくなること、人々が外出しなくなることによって観光、小売りに関係するところは軒並みダメだと思います。 その他、中国人・に依存している企業もダメになる可能性が高いですね。 これは沢山あるので記載はしませんが、主にの制作関係や精密機械関係、衣類、繊維関係、その他家電、雑貨、ペット関連などもそうですね。 考えてみるとほとんどが中国に依存しているのが分かります。 次に儲かる企業 儲かるのは人々が引きこもることによって需要が高まるものになります• 食品の出前• スーパー• コンビニ• インターネットショッピング• テレワーク• ゲーム• サブスクサービス• 運輸(ネットショッピングによる輸送量増)• 電話会社• 風邪関連(マスク・消毒液・薬局・病院)• 散髪セット(中国では売れているようです。 日本では?ですが) 現在、すでにテレワーク関連企業の株が沸騰しているようですが、今後は出前関連銘柄やサブスクサービス、更に学校が学級閉鎖になったときに「通信教育関連」なども買われていくような気がします。 皆が電車を避けてマーで通勤するようになるとガソリン関連やレンタカー、レンタサイクルなども物色されるかもしれません。 が安い時は買われ続ける 株の法則として「が安い時は買われ続ける」があります。 この法則があるので、国もを下げて株高をお通しするという政策をとっています。 そして現実的に低政策によって日米の株価は2013年から上が続けています。 この法則はよっぽどの何かがない限り続くので、現在のようなノイズが入る時がありますが、長期投資をしている限りは慌てる必要はないといえます。 しかし、やっぱり短期的にもお金を失うのは惜しい!と思うのが人の心です。 そんな時はすっぱり売ってしまい躍進しそうな銘柄を物色するという方法もありだと思います。 とはいえ、短期売買(投機)はセンスが必要不可欠です。 センスがないと上がったら買い、下がったら売るというトレードを繰り返してしまい、結果、お金が大幅に減っていたということになることが往々にしてあります。 なのでセンスがない…と思ったのならば小型で成長著しい銘柄を選んで買ったのならば、政策が変更、又はその企業の成長が止まるなどがない限り長めにホールドするという姿勢が一番いいのでは?と思います。 mahirotyann1.

次の

コロナウイルスの影響で居酒屋に行けない人へ おすすめするお酒の飲み方

コロナ ウイルス 居酒屋

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東京都などの自治体が外出の自粛を呼びかけられている。 客足が一気に遠のいた都内のある飲食店は、葛藤しながらも営業を続けていた。 3月末の平日の夜、東京・池袋の沖縄料理の居酒屋には3組、計7人の客がいた。 この店を含む飲食店など6店を経営する男性(28)によると、客足が一気に遠のいたのは3月下旬。 東京都の小池百合子知事が外出の自粛を要請してからだ。 客足は2月下旬から鈍っていたが、常連客らに支えてもらっていた。 だが、東京都の要請後は、それもぴたっと止まった。 平日の売り上げは普段の3分の1ほどに落ち込み、前週末には売り上げゼロの店もあった。 池袋で経営している貸し切りバーも3月に入ると、キャンセルが続出した。 「この時期は毎日予約が入っていてもおかしくない時期」だが、大学生や会社の集まりがなくなり、4月は予約がほとんどないという。 それでも、休業は考えていない。 出勤する従業員を最低限に絞りながら営業を続けている。 「営業することには賛否があると思うが、家賃などの固定費がかかるので、細々とでも店を開かざるをえない。 はっきりと外出を禁止して補償してくれるなら別だが、生きるためには店を閉められない」とこぼした。 「ここ1、2カ月はうちのような中小企業が特に厳しいと思う」 店の客は、どう思っている….

次の

新型コロナ、葛藤する居酒屋「生きるために休めない」 :朝日新聞デジタル

コロナ ウイルス 居酒屋

全面禁煙となり灰皿を片付ける居酒屋の店主=1日未明、東京都新宿区 飲食店などに原則禁煙を義務付ける改正健康増進法が1日、全面施行された。 東京都新宿区歌舞伎町の飲食店では、同日午前0時とともに店内から灰皿が下げられる光景が見られた。 歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」で16年続く居酒屋「ばるぼら屋」。 店舗面積は100平方メートル以下で、同法では例外的に喫煙が認められるが、より厳しい都条例が適用され、全面禁煙となる。 店の壁は、やにと油で茶色く染まり、17ある席はどこに座っても灰皿に手が届く。 「吸えなくなったら二度と来ない」と常連客に告げられたという店主笠井正美さん(65)は「影響は不安だが、煙を嫌って入店しない人もいる。 実は禁煙にしたかったので、いい機会になった」と打ち明けた。 「禁煙店になった」。 午前0時を回ると、笠井さんは複雑な表情を浮かべながら、「従業員のためにも」と店の扉に禁煙のステッカーを貼り、13個あった灰皿を片付けた。 今後、一服したい人には店を出て敷地内で吸ってもらうという。 一方、「4月より全席禁煙」の貼り紙がある串焼き店では、日付が変わった後も都内の男性会社員(30)がたばこをふかしていた。 「居酒屋で吸えるのが最後と思うと感慨深い」と漏らし、「路上でも吸えない。 増税して1箱1000円払ってでも吸いたい」とやけ気味に話した。 男性従業員(25)は「新型コロナウイルスの影響で、ただでさえ客が減っているのに追い打ちだ」とうなだれた。

次の