佐賀 コロナ。 <新型コロナ>佐賀県内、新たに12人感染 1日当たり最多、10歳未満の子も|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

佐賀市内における新型コロナウイルス感染症の状況

佐賀 コロナ

以下メガメニューです。 読み上げには時間がかかりますのでご注意ください。 (認定とは別に金融機関等の審査がありますので、事前にお取引先の金融機関へのご相談をお勧めします。 認定基準や申請方法は、をご確認ください。 新型コロナウイルス感染症については、売上の減少状況等に応じて3種類(5号、4号、危機関連保証)から選択することができます。 また、一部の融資制度では、一定の要件を満たした場合に、3年間分の利子補給が受けられる場合があります。 各融資制度や利子補給の詳細、融資のご相談は、又はにご相談ください。 商工中金(佐賀支店)での融資 新型コロナウイルス感染症に起因して売上が減少した事業者向けに「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の取り扱いがございます。 一定の要件を満たした場合に、3年間分の利子補給が受けられる場合があります。 融資制度や利子補給の詳細、融資のご相談は、又はにご相談ください。 社会福祉協議会での融資 新型コロナウイルス感染症に起因して休業等により収入の減少があった方向けに、一時的な生活資金として「緊急小口資金」の取り扱いがございます。 個人事業主等は特例として貸付上限額が増額されています。 融資制度の詳細や申請(予約制)はにご相談ください。 助成金等に関する情報 事業継続支援金(佐賀市) 新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響を受け、売上が大きく減少している市内の事業者の事業継続を支援するため、佐賀市独自の支援金を支給します。 詳しくは、をご確認ください。 キャッシュレス決済普及事業費補助制度(佐賀市) 店舗等において新型コロナウイルス感染症の感染防止を図るため、キャッシュレス決済を新たに導入する事業者を支援します。 詳しくは、をご確認ください。 持続化給付金(経済産業省) 経済産業省では、新型コロナウイルスによって特に大きな影響を受けている事業者に対して給付金が交付されます。 申請は、から電子申請で行うことができます。 また、電子申請を行うことが困難な方のために、申請サポート会場が設置されています。 新型コロナウイルス感染防止の観点から 完全事前予約制となっております。 詳しくは、をご確認ください。 【佐賀市の申請サポート会場について】 (場所)佐賀玉屋1階 (開設期間)令和2年5月21日~7月31日(予定) (申請サポート会場電話予約窓口)電話0570-077-866 雇用調整助成金(厚生労働省) 新型コロナウイルスのため事業の休業等を行い、労働者に対して休業手当等を支給した事業主に対し、休業手当の一部が助成されます。 詳しくは、をご確認ください。 【お問い合わせ先】学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金、個人向け緊急小口資金相談コールセンター(電話:0120-60-3999) 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金(厚生労働省) 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、小学校等が臨時休校した場合に、その保護者である労働者に対し、労働基準法の年次有給休暇とは別に有給の休暇を取得させた事業主、及びその子の世話によって就業ができなくなったフリーランスで一定の要件を満たす方に対し、助成金が支給されます。 詳しくは、をご確認ください。 【お問い合わせ先】学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金、個人向け緊急小口資金相談コールセンター(電話:0120-60-3999) 佐賀県による各種支援金・補助金 佐賀県では、宿泊施設や貸切バス・タクシー事業者に対する支援金や、新型コロナウイルス感染症対策として、新たな 業態や業種別のガイドライン等の遵守 に取り組む中小・小規模事業者に対する補助制度等、様々な支援策を実施されています。 詳しくは、をご確認ください。 経営や労務関係に関するご相談 経営相談窓口 市内に設置されているコロナウイルス感染症に関する経営相談窓口にご相談ください。 ・日本政策金融公庫佐賀支店中小企業事業 0952-24-7224 ・日本政策金融公庫佐賀支店国民生活事業 0952-22-3341 ・商工中金佐賀支店 0952-23-8121 ・佐賀県信用保証協会 0952-24-4342 ・佐賀商工会議所 0952-24-5155 ・佐賀県商工会連合会 0952-26-6101 ・佐賀県中小企業団体中央会 0952-23-4598 ・佐賀県よろず支援拠点 0952-34-4433 佐賀市産業支援相談室 佐賀市産業支援相談室では、国、県、市等の様々な支援制度の活用についてのご相談を受け付けております。 どういった支援制度があるのか分からない、どの支援制度が活用できるのか分からないなどのご相談は佐賀市産業支援相談室にご相談ください。 ・相談内容 経営相談、資金繰り、公的支援制度(助成金等)の活用方法等 ・相 談 料 無料 ・相談場所 iスクエアビル5階 産業支援相談室(佐賀市駅前中央1丁目8-32) ・開 設 日 月~金曜 9:00~17:00 第2・4水曜 18:00~21:00 ・利用方法 予約制となっていますので、事前に電話で予約下さい。 ・電話番号 0952-40-7079 労働相談窓口 佐賀労働局では、新型コロナウイルスに関連した労働関係について、特別労働相談窓口を設置しています。 詳しくは、をご確認ください。 【相談窓口】佐賀労働局雇用環境・均等室(電話:0952-32-7218) ハローワーク佐賀では、ヤングハローワークSAGAに新卒者内定取消等特別相談窓口を設置しています。 詳しくは、をご確認ください。 【相談窓口】ヤングハローワークSAGA(電話:0952-24-2616) 新型コロナウイルス感染症に伴う主な支援策(事業者向け).

次の

<新型コロナ>佐賀県内、新たに12人感染 1日当たり最多、10歳未満の子も|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

佐賀 コロナ

アルバイト先発表の経緯は?• 新型コロナウイルスの感染が確認された佐賀市内の20代男子学生がホテルでアルバイトをしていたと、佐賀市のホテルマリターレ創世はホームページ上で公表した• ホテル側は「事実関係をきちんと公表することで、誤った情報の拡散を防ぎ、お客さまに安心して利用してもらうため」と説明• 県は、男子学生がホテルでアルバイトをしていたことを、感染を確認した13日時点で把握• 県健康増進課は「不特定多数との接触がなく、公表の必要性がないと判断した」と説明 出勤日はいつ?• 同ホテルによると、男子学生は、 11日午後10時から翌12日午前7時までフロントの夜勤業務にあたり、客との接触はなかった• 同時刻に勤務したスタッフ2人は「濃厚接触者」として検査を受け、陰性が確認された• その上で2週間の自宅待機• 保健所の指示を受け、ホテル全館の消毒や従業員の健康管理など、適切に対応した上で営業• 平素より当ホテルをご利用頂き誠に有難うございます。 当ホテルはかねてより新型コロナウィルスの感染拡大に対応するために、ご来館頂いたお客様への配慮、従業員の安全、取引先様への安全に配慮した対策を講じて参りました。 そうした中、3月13日20:00、当ホテルの男性アルバイトスタッフ 20代 が新型コロナウィルスへの感染検査にて『陽性』であることが判明いたしました。 また、所轄保健所により、2名の濃厚接触者の認定と健康観察 検温と体調等 の経過報告 終了日:3月26日 、及び、当該従業員が勤務していた業務スペースへの消毒をおこなうよう指示を受けました。 当社は保健所の指示に従い適切に対応しております。 以下、3月13日、判明以後の当ホテルの対応を報告致します。 3月13日20:00~ 1、当該アルバイトスタッフが陽性だという報告を受ける。 2、当該アルバイトスタッフの勤務形態と期間:フロント夜勤 3月11日22:00~7:00 保健所より同時刻勤務のスタッフ2名を濃厚接触者として認定。 3、2、濃厚接触者2名、及び当館判断で6名の出勤停止。 3月14日始業~ 4、出勤者にて全館清掃、及び消毒。 3月14日10:00~ 5、3、濃厚接触者2名を保健所で検査を実施。 3月14日12:30~ 6、3月14日宴席のお客様へ事情を説明。 キャンセル料及び、参列の方々の交通費等の負担一切を当館が受け持つ旨、日程延期のご了承を頂く。 3月14日16:00~ 7、濃厚接触者2名より陰性の報告を受ける。 8、翌日以降のお客様へ事情説明した上で対応協議。 今後の当館の対応。 ・お客様へ事情説明した上でご予約対応。 ・従業員の検温、体調管理等チェック項目を明確にし、引き続き徹底していく。 *出勤時、昼休憩、退勤前に検温等 ・館内の薬品消毒を3時間毎に行う。 ・本件の感染者、及び濃厚接触者の経過観察 終了日:3月26日。 *尚、佐賀県コールセンターへ当該者がフロント夜勤業務以外の業務に従事した旨の匿名での問い合わせあり、所轄保健所から3月14日19:48分事実確認がありましたが、そのような事実は一切ございません。 sagatv.

次の

<新型コロナ>佐賀県内、新たに12人感染 1日当たり最多、10歳未満の子も|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

佐賀 コロナ

佐賀県は3日、県内で新たに9人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。 県内の延べ感染者96~104人目に当たり、累計で100人を超えた。 緊急事態宣言などの効果で5月半ばから7月中旬までゼロが続いたが、7月下旬からは急増している。 県は「非常に厳しい状況だが、まだ市中感染は限定的」とみている。 新規感染者9人のうち2人はクラスター(感染者集団)が発生した佐賀市のラウンジ「月の下」関連だった。 1人は杵島郡江北町の30代男性で客として店を訪れていた。 もう1人は神埼郡吉野ヶ里町の70代男性で、前日に感染が分かった男性客の同僚で濃厚接触者として検査をした。 クラスターは計12人になった。 また、7月末に感染が確認された県内の建設会社社長の50代男性(佐賀市)や友人らの関連では、新たに佐賀市の50代女性の陽性が判明した。 前日に感染が分かった佐賀市の30代女性と同居する母親で、濃厚接触者として検査をした。 関連の感染者は8人となった。 7月30日に2人の感染が分かったフコク生命(本社・東京)の佐賀市内の営業所に関し、ここに勤務する佐賀市の30代女性の感染を新たに確認した。 ウイルス検査でいったん陰性と判定されていた。 これまでの感染事例と関連がない感染者も確認された。 1人は鳥栖市の50代男性で、サガテレビの営業局管理職であることを同社が公表した。 このほか、いずれも佐賀市の男性で、20代2人と30代1人の計3人については、関連性があるとみて調査を進めている。 2日夜に感染が分かった佐賀市の20代女性は、福岡市内の専門学校生で、7月21日に接触した学校の友人3人が後に陽性と判明。 福岡市から濃厚接触者として調査依頼が来ていた。 佐賀県はこの専門学校生の関連調査の中で、3日夜に佐賀市の10代女性の感染を確認した。 (栗林賢) 【関連記事】.

次の