デリケート ゾーン ボディ ソープ 市販。 デリケートゾーンのお悩みまとめ|デリケートゾーン臭いの原因・対策・ケア、みんなの脱毛&処理事情

デリケートゾーンの臭いに消臭効果!市販薬局で買えるものは?

デリケート ゾーン ボディ ソープ 市販

デリケートゾーンのケアには、やっぱりデリケートゾーン用につくられたがいいの? どんなデリケートゾーンソープがあるの?どう選べばいいの? デリケートゾーンソープを試したいけど、他人には聞きづらいし、どれにしようか悩んでしまう… という方はきっと多いのではないでしょうか? 今回は、デリケートゾーンソープとは何か?から、選び方のポイント、肌らぶ編集部おすすめのデリケートゾーンソープ、注目商品のレビュー、デリケートゾーンソープの洗い方・使い方のポイントまでまとめてご紹介します! 人に打ち明けづらくお悩みの方も多いかもしれませんが、女性の体は年齢や生活の影響で繊細に変化します。 だからこそ、その時々の自分に必要な、そして悩みにあうアイテムで、お手入れをきちんと行うことは、笑顔の明日への大事な1歩です。 ぜひ、参考にしてくださいね! 目次• デリケートゾーンソープとは? デリケートゾーンのお手入れを見直すことにしてみたけれど、 「そもそもデリケートゾーンソープって何?」 という方に向けて、一般的にデリケートゾーンソープと呼ばれる石鹸の特徴と選び方のポイントをご紹介します。 普通の石鹸の場合は、アルカリ性のものも多いですし、汚れや、汗などをしっかり洗い流すことに着目したさっぱり系の石鹸も多いですね。 また、デリケートゾーンソープは、ニオイ対策に着目したものも比較的多く、ニオイのもとになる汚れを洗い流すことに着目していたり、雑菌の繁殖を抑えるために殺菌成分を配合していたりするものがあります。 また、を防いで、デリケートゾーンの肌をすこやかに保つために、保湿成分などを配合してうるおいケアを行うことに着目したものもあります。 ニオイの原因が、汚れの洗い残し以外に、雑菌の繁殖などによる場合があるからです。 肌が敏感になりやすく、洗浄成分による負担などが気になる方は、洗い心地がマイルドなものや、弱酸性のデリケートゾーンソープをチェックしてみてください。 また、女性なら、バスタイムはよい香りに包まれたい!という方も多いですよね。 香りにこだわりたい方は、フローラルの甘い香り、柑橘系のさっぱりした香り、シャボンなど、好きな香りのものを探してみるのもよいでしょう。 殺菌成分を配合した薬用ソープ(医薬部外品)で、公式オンラインショップから購入可能なものを選びました。 通販で購入できると、対面の時のような照れくささもなく手軽に手に入るので、はじめてのデリケートゾーンケアという方にもおすすめですよ。 ワンプッシュで泡で出てくるタイプなので、泡立ての手間もなく、また肌を強くこすることなく泡をクッションにして包むように洗うことができるのがポイント。 殺菌成分と抗真菌(抗カビ)成分を配合。 泡でやさしく包みながら、ニオイの原因になる汚れや雑菌をなめらかに洗い落とし、デリケートゾーンを清浄に洗い上げます。 デリケートゾーン以外にもムレの気になる、足やワキなどを洗うのにもおすめです。 また、やわらかな泡で軽やかに洗えるので、赤ちゃんのおしりまわりを洗うのにもおすすめ。 無香料・無色素・弱酸性。 うるおい成分ウコンエキスや殺菌成分トリクロロカルバニリド配合。 ニオイの元となる、汗・皮脂・古い角質などを汚れを一緒に洗い流し、肌を清浄にします。 べたつきの元も洗い流してくれるので、さらっとした肌に洗い上げたい方におすすめ。 足の裏やデリケートゾーンなどニオイが気になる部分は、もこもこに泡立てて、1分ほど泡パックして洗い流すのが使い方のポイント。 ふわりと香るローズの香りがバスタイムを女性らしく演出してくれます。 無合成着色料・無鉱物油・パラベンフリー。 肌らぶ編集部おすすめのデリケートゾーン用ソープの中から、成分配合の石鹸をセレクトしました。 保湿成分としてグリセリン配合。 弱酸性。 また、スクラブ剤(植物性グルコマンナン)を配合しています。 やわらかな泡と一緒に、気になる汚れを吸着しながら洗い流し、デリケートゾーンを清浄に、そしてしっとりと洗い上げてくれます。 フレッシュジャスミンの香り。 ポンプタイプで使いやすいのも魅力。 オンラインショップから手軽に購入できます。 最後に、香りの素敵な、肌らぶ編集部おすすめのデリケートゾーン用ソープをご紹介します。 肌らぶ編集部おすすめのデリケートゾーン用ソープの中から、保湿成分配合の石鹸をセレクトしました。 肌のうるおいを保ちながら、気になる汚れをおだやかに洗い流します。 弱酸性。 ナチュラルなハーブの香りがバスタイムをやさしく演出してくれます。 殺菌成分と抗真菌(抗カビ)成分を配合。 泡立ての手間なく、やわらかい泡でなめらかに洗えるのが魅力。 泡で包みこんで、汚れやニオイの元になる雑菌などを洗い流します。 無香料。 デリケートゾーン以外にも、ムレの気になる足やワキ、また、やわらかな泡で軽やかに洗えるので、赤ちゃんのおしりまわりを洗うのにもおすすめです。 泡を触ってみると、とてもやわらかで、クリーミーさがとても肌に気持ちよいです。 無香料ということで、特に気になるような香りはありません。 これなら他のボディーソープと一緒に使っても、香りを邪魔しないのでいいなと思いました。 肌に当てても泡がへたることもなく、軽やかに洗うことができます。 泡のクッションでやさしくなめらかに洗えるので、デリケートで摩擦などの負担をかけたくない肌を洗うのによさそうだと思いました。 また、なめらかに洗えて、泡切れもよく、洗い流した後はほどよいさっぱり感があります。 女性なら、生理中や汗をかく季節など、デリケートゾーンのムレやニオイが気になる時にまずは試してみてもらいたいです。 また、冬にブーツなどでムレてしまって足のニオイが気になる時に、足を洗うボディーソープとして使うのもおすすめだなと思いました。 なんといっても、泡で出てくるボトルというのがとても魅力的です。 この手軽感なら、毎日お手入れを継続するのも簡単だし、デリケートゾーンのケアに少し億劫だった方にもおすすめしたいです。 デリケートゾーンの洗い方 デリケートゾーンの洗い方のポイントをご紹介します。 デリケートゾーンは、タオルなどを使って力をいれてゴシゴシと洗うと、肌への摩擦が刺激になってしまうこともあるので、一般的には泡でなでるように洗い、汚れが溜まりやすい場所は指の腹で優しく洗うことがよいとされています。 以下のポイントを意識してみてください。 汚れが溜まりやすい部分を中心に、手(指の腹)を使ってを立てないようにしてやさしい力加減で洗いましょう。 ニオイや汚れが気になるからと、強引に洗いすぎてしまわないことが大事です。 アンダーヘアをはじめとする前の部分から順々に洗っていき、最後に肛門付近を洗うようにしましょう。 デリケートゾーンはとても複雑な構造なので、おりものなどの分泌物が固まった垢や、尿のかすなどが残りやすいとされています。 また、汗腺もあるので、ムレやニオイが気になりやすい部分でもあります。 順番に、丁寧に洗いましょう。 すすぎ残しは肌の負担になることもありますし、熱すぎるお湯で流していると肌の乾燥につながることもあります。 ぬるま湯で洗い流すのがおすすめです。 覚えておきたいデリケートゾーンのケアポイント 最後に、覚えておきたいデリケートゾーンに過剰な負担をかけないためのケアポイントをご紹介します。 デリケートゾーンのケアは、もちろん、やさしく洗って清潔に保つことが基本ですが、そのほかにもいくつか心がけたいケアポイントがあるのです。 ぜひチェックしてみてくださいね。 ニオイケアとしてはもちろんですが、デリケートゾーンを清潔に保つという意味でも大切です。 おりものや経血が気になるという方は、デリケートゾーン向けの拭き取りシートなどもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。 ムレ対策のために、通気性をよくすることも意識しましょう。 生理中に使うナプキンを通気性のよいものに変えてみたり、アンダーヘアを整えたり通気性のよい下着を着用したりするのもひとつの方法です。 まとめ 今回は、デリケートゾーンソープとは何か?から、選び方のポイント、肌らぶ編集部注目のデリケートゾーンソープ、商品レビュー、デリケートゾーンソープの使い方のポイントまでまとめてご紹介しました。 いかがでしたでしょうか? デリケートゾーンケアの第一歩はやはり、「清潔に保つこと」にあります。 デリケートゾーンの性質にあったソープ・石鹸を使って、やさしく丁寧に洗うことを心がけてくださいね。 女性として自信の持てる体を目指して、しっかり日々のお手入れを行っていきましょう!.

次の

医師が教えるデリケートゾーンの洗い方|デリゾケアの最新情報とおすすめアイテムもチェック!

デリケート ゾーン ボディ ソープ 市販

デリケートゾーンのケアには、やっぱりデリケートゾーン用につくられたがいいの? どんなデリケートゾーンソープがあるの?どう選べばいいの? デリケートゾーンソープを試したいけど、他人には聞きづらいし、どれにしようか悩んでしまう… という方はきっと多いのではないでしょうか? 今回は、デリケートゾーンソープとは何か?から、選び方のポイント、肌らぶ編集部おすすめのデリケートゾーンソープ、注目商品のレビュー、デリケートゾーンソープの洗い方・使い方のポイントまでまとめてご紹介します! 人に打ち明けづらくお悩みの方も多いかもしれませんが、女性の体は年齢や生活の影響で繊細に変化します。 だからこそ、その時々の自分に必要な、そして悩みにあうアイテムで、お手入れをきちんと行うことは、笑顔の明日への大事な1歩です。 ぜひ、参考にしてくださいね! 目次• デリケートゾーンソープとは? デリケートゾーンのお手入れを見直すことにしてみたけれど、 「そもそもデリケートゾーンソープって何?」 という方に向けて、一般的にデリケートゾーンソープと呼ばれる石鹸の特徴と選び方のポイントをご紹介します。 普通の石鹸の場合は、アルカリ性のものも多いですし、汚れや、汗などをしっかり洗い流すことに着目したさっぱり系の石鹸も多いですね。 また、デリケートゾーンソープは、ニオイ対策に着目したものも比較的多く、ニオイのもとになる汚れを洗い流すことに着目していたり、雑菌の繁殖を抑えるために殺菌成分を配合していたりするものがあります。 また、を防いで、デリケートゾーンの肌をすこやかに保つために、保湿成分などを配合してうるおいケアを行うことに着目したものもあります。 ニオイの原因が、汚れの洗い残し以外に、雑菌の繁殖などによる場合があるからです。 肌が敏感になりやすく、洗浄成分による負担などが気になる方は、洗い心地がマイルドなものや、弱酸性のデリケートゾーンソープをチェックしてみてください。 また、女性なら、バスタイムはよい香りに包まれたい!という方も多いですよね。 香りにこだわりたい方は、フローラルの甘い香り、柑橘系のさっぱりした香り、シャボンなど、好きな香りのものを探してみるのもよいでしょう。 殺菌成分を配合した薬用ソープ(医薬部外品)で、公式オンラインショップから購入可能なものを選びました。 通販で購入できると、対面の時のような照れくささもなく手軽に手に入るので、はじめてのデリケートゾーンケアという方にもおすすめですよ。 ワンプッシュで泡で出てくるタイプなので、泡立ての手間もなく、また肌を強くこすることなく泡をクッションにして包むように洗うことができるのがポイント。 殺菌成分と抗真菌(抗カビ)成分を配合。 泡でやさしく包みながら、ニオイの原因になる汚れや雑菌をなめらかに洗い落とし、デリケートゾーンを清浄に洗い上げます。 デリケートゾーン以外にもムレの気になる、足やワキなどを洗うのにもおすめです。 また、やわらかな泡で軽やかに洗えるので、赤ちゃんのおしりまわりを洗うのにもおすすめ。 無香料・無色素・弱酸性。 うるおい成分ウコンエキスや殺菌成分トリクロロカルバニリド配合。 ニオイの元となる、汗・皮脂・古い角質などを汚れを一緒に洗い流し、肌を清浄にします。 べたつきの元も洗い流してくれるので、さらっとした肌に洗い上げたい方におすすめ。 足の裏やデリケートゾーンなどニオイが気になる部分は、もこもこに泡立てて、1分ほど泡パックして洗い流すのが使い方のポイント。 ふわりと香るローズの香りがバスタイムを女性らしく演出してくれます。 無合成着色料・無鉱物油・パラベンフリー。 肌らぶ編集部おすすめのデリケートゾーン用ソープの中から、成分配合の石鹸をセレクトしました。 保湿成分としてグリセリン配合。 弱酸性。 また、スクラブ剤(植物性グルコマンナン)を配合しています。 やわらかな泡と一緒に、気になる汚れを吸着しながら洗い流し、デリケートゾーンを清浄に、そしてしっとりと洗い上げてくれます。 フレッシュジャスミンの香り。 ポンプタイプで使いやすいのも魅力。 オンラインショップから手軽に購入できます。 最後に、香りの素敵な、肌らぶ編集部おすすめのデリケートゾーン用ソープをご紹介します。 肌らぶ編集部おすすめのデリケートゾーン用ソープの中から、保湿成分配合の石鹸をセレクトしました。 肌のうるおいを保ちながら、気になる汚れをおだやかに洗い流します。 弱酸性。 ナチュラルなハーブの香りがバスタイムをやさしく演出してくれます。 殺菌成分と抗真菌(抗カビ)成分を配合。 泡立ての手間なく、やわらかい泡でなめらかに洗えるのが魅力。 泡で包みこんで、汚れやニオイの元になる雑菌などを洗い流します。 無香料。 デリケートゾーン以外にも、ムレの気になる足やワキ、また、やわらかな泡で軽やかに洗えるので、赤ちゃんのおしりまわりを洗うのにもおすすめです。 泡を触ってみると、とてもやわらかで、クリーミーさがとても肌に気持ちよいです。 無香料ということで、特に気になるような香りはありません。 これなら他のボディーソープと一緒に使っても、香りを邪魔しないのでいいなと思いました。 肌に当てても泡がへたることもなく、軽やかに洗うことができます。 泡のクッションでやさしくなめらかに洗えるので、デリケートで摩擦などの負担をかけたくない肌を洗うのによさそうだと思いました。 また、なめらかに洗えて、泡切れもよく、洗い流した後はほどよいさっぱり感があります。 女性なら、生理中や汗をかく季節など、デリケートゾーンのムレやニオイが気になる時にまずは試してみてもらいたいです。 また、冬にブーツなどでムレてしまって足のニオイが気になる時に、足を洗うボディーソープとして使うのもおすすめだなと思いました。 なんといっても、泡で出てくるボトルというのがとても魅力的です。 この手軽感なら、毎日お手入れを継続するのも簡単だし、デリケートゾーンのケアに少し億劫だった方にもおすすめしたいです。 デリケートゾーンの洗い方 デリケートゾーンの洗い方のポイントをご紹介します。 デリケートゾーンは、タオルなどを使って力をいれてゴシゴシと洗うと、肌への摩擦が刺激になってしまうこともあるので、一般的には泡でなでるように洗い、汚れが溜まりやすい場所は指の腹で優しく洗うことがよいとされています。 以下のポイントを意識してみてください。 汚れが溜まりやすい部分を中心に、手(指の腹)を使ってを立てないようにしてやさしい力加減で洗いましょう。 ニオイや汚れが気になるからと、強引に洗いすぎてしまわないことが大事です。 アンダーヘアをはじめとする前の部分から順々に洗っていき、最後に肛門付近を洗うようにしましょう。 デリケートゾーンはとても複雑な構造なので、おりものなどの分泌物が固まった垢や、尿のかすなどが残りやすいとされています。 また、汗腺もあるので、ムレやニオイが気になりやすい部分でもあります。 順番に、丁寧に洗いましょう。 すすぎ残しは肌の負担になることもありますし、熱すぎるお湯で流していると肌の乾燥につながることもあります。 ぬるま湯で洗い流すのがおすすめです。 覚えておきたいデリケートゾーンのケアポイント 最後に、覚えておきたいデリケートゾーンに過剰な負担をかけないためのケアポイントをご紹介します。 デリケートゾーンのケアは、もちろん、やさしく洗って清潔に保つことが基本ですが、そのほかにもいくつか心がけたいケアポイントがあるのです。 ぜひチェックしてみてくださいね。 ニオイケアとしてはもちろんですが、デリケートゾーンを清潔に保つという意味でも大切です。 おりものや経血が気になるという方は、デリケートゾーン向けの拭き取りシートなどもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。 ムレ対策のために、通気性をよくすることも意識しましょう。 生理中に使うナプキンを通気性のよいものに変えてみたり、アンダーヘアを整えたり通気性のよい下着を着用したりするのもひとつの方法です。 まとめ 今回は、デリケートゾーンソープとは何か?から、選び方のポイント、肌らぶ編集部注目のデリケートゾーンソープ、商品レビュー、デリケートゾーンソープの使い方のポイントまでまとめてご紹介しました。 いかがでしたでしょうか? デリケートゾーンケアの第一歩はやはり、「清潔に保つこと」にあります。 デリケートゾーンの性質にあったソープ・石鹸を使って、やさしく丁寧に洗うことを心がけてくださいね。 女性として自信の持てる体を目指して、しっかり日々のお手入れを行っていきましょう!.

次の

薬局でも買える!デリケートゾーンをケアする保湿クリーム・市販薬

デリケート ゾーン ボディ ソープ 市販

デリケートゾーン石鹸の選び方のポイント3選 以前までは商品数が少なく、選択肢の幅が狭かったデリケートゾーン石鹸。 しかし、最近ではじわじわと商品数が増えているため、どれを選んだら良いのか分からない!という方も多いはず。 そこでこの項目では、デリケートゾーン石鹸選びのポイントをご紹介します。 配合成分で選ぶ!悩み別に選ぶのがベスト デリケートゾーン石鹸に配合されている成分は、自分の悩み別に選ぶ必要があります。 商品選びの際は、どんな成分がどんな悩みにぴったりなのかをチェックしましょう。 殺菌・消臭・色素沈着などにぴったりなハーブや生薬が配合されているので、デリケートゾーン石鹸にも多く使われています。 特に、黒ずみにお悩みの方は、 色素沈着を防ぐツボクサ・パパイヤなどが配合されている商品を選ぶと良いですよ。 毎日使い続けるごとにうれしいメリットを実感できるでしょう。 ミョウバンは古代ローマより愛用されている最古のデオドラント剤。 高い殺菌作用があることから、汗や足など強烈な臭い用のデオドラント用品に使われることが多いです。 一方で、カキタンニンは渋柿の主成分のことを指します。 天然由来成分なので安心感があり、優しくデオドラントしてくれることが特徴です。 天然消臭剤として長年愛され続けてきました。 どちらも、高い殺菌・抗菌作用があるため、臭い対策にぴったりですよ。 タイプで選ぶ!使いやすい形状を選ぼう デリケートゾーン石鹸には、固形タイプだけではなく液体タイプや泡タイプなど様々な形状があります。 自分が使いやすい形状を選んで、毎日のデリケートゾーンケアに役立てましょう。 固形タイプ 泡立てネットや手を使って、泡立てて使う石鹸のことです。 雑菌が繁殖しないように、使用後は乾燥させる手間が必要な反面、 カラーや香りなど華やかなものが多くて優しい洗い心地が魅力的。 乾燥の際は水切りが良いソープホルダーなどに入れておくと便利ですよ。 液体タイプ 液体タイプは 固形タイプよりも手軽に使えるので人気を集めています。 人気の商品の多くが液体タイプで、パッケージが可愛いものも多く存在しています。 きめ細かな泡を作るには泡立てネットが必要となりますが、肌への負担が少なく、コスパにも優れた商品が多い傾向にあります。 泡タイプ ワンプッシュで柔らかな泡が出てくる泡タイプのデリケートゾーン石鹸は、 泡立てネットも乾燥の手間も不要で、直感的に使えることが魅力的です。 キメ細やかな泡を簡単に手に取れるため、サッと洗いたいときにも最適ですよ。 また、弾力のあるふわふわ泡は、肌に負担をかけずに洗うことができるでしょう。 オイルタイプ まだまだ種類は少ないのですが、オイルで洗い流すタイプもあります。 肌馴染みが良く、肌をこする必要がないため、肌の負担を抑えることができるのが特徴です。 固形タイプの洗浄力が強すぎて荒れてしまった!という敏感肌の方にもおすすめです。 また、天然由来成分の商品が多いため、成分にこだわる方にもおすすめですよ。 ぜひお試しください。 種類で選ぶ!肌に優しい弱酸性はデイリーケアにぴったり デリケートゾーン石鹸にはアルカリ性、弱アルカリ性、弱酸性などがあるようなので、見出し4を使用して、特徴やどんな人におすすめなのかをご紹介いただければと思います。 お肌に優しい!弱酸性 弱酸性は 素肌と同じなので、デリケートゾーンにとって優しいことが特徴です。 負担がかなり抑えられているため、今現在デリケートゾーンにトラブルを抱えている方や敏感肌の方、デイリーケアとしてもおすすめです。 洗浄力が弱いという弱点はありますが、基本的には弱酸性のデリケートゾーン石鹸を選ぶと良いでしょう。 しっかり洗いたい人に!弱アルカリ性 弱アルカリ性は弱酸性よりもpH値が高く、 洗浄力が強い傾向にあります。 特に 垢汚れに強く、すっきりと洗い流したい方におすすめです! しかし、弱酸性よりも洗浄力が強いため、敏感肌の方やトラブルを抱えている人は使用を避けましょう。 使用の際はデリケートゾーンの状態をしっかりチェックしたうえで使ってくださいね。 おすすめできないアルカリ性 アルカリ性は弱アルカリ性よりもpH値が高く、 洗浄力がとても強いことが特徴です。 古い角質などに効果的ですが、デリケートゾーンには不向きな種類と言えるでしょう。 それどころか、かえって 肌を傷めてしまう恐れもあります。 臭いを落としたい・すっきり洗いたいという方は、アルカリ性ではなく弱アルカリ性を選ぶようにしましょう。 全身まとめて洗える!敏感肌の方でも安心のボディケアウォッシュ こちらの商品はデリケートゾーンだけではなく、 全身くまなく洗える泡ボディウォッシュです。 気になる臭いの原因をケアし、肌に清潔感をもたらします。 泡で出てくるので、気軽に使えて良いですね。 デリケートゾーンでの使用テストやアレルギーテストもしているため、 敏感肌の方でも安心して使えるでしょう。 とっても魅力的なデリケートゾーン石鹸ですが、内容量が100mlで990円と、ややコスパは悪い印象です。 普段使いにはおすすめできません。 形状 泡 種類 — 香り 無香料 特徴 アルコールフリー・無着色・パラベンフリー・アレルギーテスト済み・パッチテスト済み(すべてのかたに皮膚刺激やアレルギー等が起きないというわけではありません。 ) こんな人におすすめ 全身を洗いたい方・敏感肌の方 容量 100ml 第10位 ロエグア フェミニンウォッシュ デリケートゾーンソープ 敏感肌でもできる黒ずみケア! 10種類の植物成分を配合した弱酸性のリキッドソープで、敏感な肌にも優しくマイルドな洗い心地が特徴のデリケートゾーン石鹸です。 リキッドソープとは、 滑らかな肌あたりと泡切れの良さを両立したソープのことです。 ぬるぬるとした触感が残らないため、ストレスフリーな洗い心地ですよ。 カキタンニンやチャ葉エキス、カミツレエキスなど 臭いに効果的とされる植物成分がたっぷりと含まれていることもポイントです。 臭い対策をしたいという方にもおすすめします。 ただし、80mlで1,500円以上とコスパは悪い印象です。 形状 液体 種類 弱酸性 香り エレガントローズ 特徴 保湿成分配合 こんな人におすすめ 黒ずみ対策をしたい方・臭い対策をしたい方・生理中の方 容量 80ml 第9位 キヨラ ボディプレックス デリケートゾーン 泡 ソープ 黒ずみ・臭い・ムレに!弾力泡でしっかりアプローチ 泡で出てくる優しい弱酸性ソープです。 カキタンニンをはじめとする6種のボタニカル成分が、黒ずみ・ムレ・臭いにアプローチ。 保湿作用もあるため、しっとりとした仕上がりに導いてくれるでしょう。 「泡がとっても柔らかい」「1プッシュでもモコモコ!」という口コミが多く、 泡立ちに関する評価も上々です。 柔らかい泡でデリケートゾーンをいたわってあげてくださいね。 そんなirohaのデリケートゾーン石鹸は、 創業120年の歴史を誇る『玉の肌石鹸株式会社』との共同開発で生まれました。 石鹸専業メーカーこだわりのしっとりとした洗いあがりで、大事な部分を優しく保護。 植物性のスクラブ剤が汚れをしっかりと吸着してくれるため、 気になる垢汚れなどもすっきりと落としてくれるでしょう。 また、 普通のボディソープのようなおしゃれなパッケージデザインも魅力的です。 海外製品を使うのが心配…とお悩みの方でも使いやすいでしょう。 「女性特有の臭いも解決できないと意味がない」をコンセプトに、 気になる臭いとムレをすっきりと洗いながし、洗浄します。 種類としては弱酸性なので、肌への優しさも抜群です。 さらに、 産婦人科医監修の保湿成分を配合しているため、乾燥対策もばっちり。 肌にツヤとハリを与えてくれるでしょう。 無添加なので体内に入っても安全性が高いのがうれしいですね。 高機能である反面、価格は高め。 しかし、これ1本で臭い・乾燥・洗浄のケアをしてくれるのは大変魅力的ですよね。 多機能なデリケートゾーン石鹸をぜひお試しください。 形状 液体 弱酸性 香り ホワイトフローラル 特徴 アルコール不使用・無添加・アレルギーテスト済み こんな人におすすめ 臭い対策をしたい方・敏感肌の方・デイリーケアしたい方 容量 200ml 第6位 ルボア アンティーム フェミニンウオッシュ パリ生まれの美容ブランドの実力は確実! パリ生まれのオーガニックブランド、カティエ。 美意識が高く、洗練されたパリの女性たちも愛用しているとされるデリケートハイジーンウォッシュ。 オーガニックを愛するパリのマダムたちはオーガニック製品を愛用しています。 そんなパリマダムたちの心も掴んだブランドです。 日本でもかなりファンは多く、年齢に関係なく使っている人が多いブランド。 弱酸性の液体で余分な汚れのみを取り除き、肌本来の清潔さを保ちます。 コラーゲンとヒアルロン酸、5種の植物エキスを配合しているのもポイント。 潤いを与えてしっとりとした素肌に導いてくれるでしょう。 フローラル系の香りが強く、洗いながら気分も華やかになれますよ。 洗浄成分として、ラウレス硫酸Naが入っています。 洗浄力がとても強い反面、敏感肌の方は荒れてしまう恐れがあるので注意しましょう。 肌が強い方やすっきりとした洗浄力をお求めの方にはおすすめです。 泡のままでてくるボトルなので、泡だての手間もなく使うことができるのも嬉しいポイント。 脱毛などをした当日にも使えるので、いつでもしっかりと洗浄が可能。 ムレやにおいが気になるシーズンや生理中にももちろん使えます。 エステの会社が手がけていることや、脱毛クリニックを展開しているところが作っているので、安心感も抜群です。 形状 泡 種類 弱酸性 香り ハーバルシトラス 特徴 エステティックTBCが展開・石油系界面活性剤フリー こんな人におすすめ 初めて使う・においがきになる・脱毛後にも使いたい 容量 100g 第2位 ラブコスメ ジャムウ ハーバルソープ 気になる部位を集中ケア!138万個売り上げた超人気商品! 『ラブコスメ』は、女性の体の悩み、恋の悩み、トラブルなどに寄り添う女性のための会社です。 なかでも、多い悩みがデリケートゾーンの悩み。 ヤシ油、カミツレ油などの植物由来成分を主に、 保存料・安定剤などを一切使用しない安心な石鹸で、体を健やかにしながら洗い流すことができます。 ただ普通に洗うだけではなく、 泡立てて気になる部位に乗せて3分間パックして洗い流すと、黒ずみや臭いの元を集中ケアすることができます。 1!世界30ヶ国以上で販売されるなど、世界中で人気を集めているデリケートゾーン石鹸です。 人気の秘密は、 低刺激のやさしい洗浄成分を使用しているから。 発売前に婦人科医、皮膚科医の管理のもと安全性使用手テストを実施しているのが特徴です。 安心して使えるデリケートゾーン石鹸と言えるでしょう。 種類は、 お肌のためにpHバランスを整えた弱酸性を採用。 優しい洗い心地で、毎日のケアに使ってもOKです。 また、低刺激・ノーマル・シートタイプなどの種類があることもポイントです。 肌質や悩み別に選びやすいのがうれしいですね。 形状 液体 種類 弱酸性 香り — 特徴 保湿成分配合・アレルギーテスト済み・ソープフリー こんな人におすすめ デイリーケアしたい方・生理中の方・出産前後の方 容量 237ml デリケートゾーン石鹸の売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、デリケートゾーン石鹸の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 デリケートゾーン石鹸の正しい使い方と注意点 どうでしょうか。 気になるデリケートゾーン石鹸は見つかりましたか?ランキングでご紹介したのは、すべて大人気の高機能な商品ばかり。 しかし、せっかく高機能な商品を購入しても、正しく使えなければ意味がありません。 そこでこの項目では、デリケートゾーン石鹸の正しい使い方をレクチャーします。 普段のバスタイムに取り入れて、デリケートゾーンを優しく労わってあげてくださいね。 デリケートゾーンの洗い方 デリケートゾーンはタオルやスポンジでゴシゴシ洗ってはいけません。 なぜなら、摩擦によって黒ずみの原因になるからです。 洗う際には指の腹で優しく下記の順番で洗ってあげましょう。 お尻~デリケートゾーンエリアまでお湯で濡らしておく• ソープを泡立てて、前からお尻に向けて指で洗う• 左右の小陰唇部分の外側と内側を優しくなぞるように洗う• 陰毛部分をしっかり洗いながら、陰核部分を開いて洗う• 固形・液体タイプはしっかり泡立てて使おう 固形や液体タイプのデリケートゾーン石鹸を使う際は、しっかり泡立てましょう。 なぜなら、 固形や液体のままデリケートゾーンに使ってしまっては、摩擦につながるからです。 摩擦は刺激になり、そして黒ずみになります。 デリケートゾーンにとって悪いことばかりですので、絶対にやめましょう。 なかなか泡立たないとお悩みの方には、泡立てネットをおすすめします。 モコモコの泡でデリケートゾーンを優しく包んでくださいね。 オイルタイプは爪に注意!傷がついてしまう恐れも オイルタイプを使う場合、爪を立てやすいので注意しましょう。 爪を立てて使うとデリケートゾーンを傷つけてしまう恐れがあります。 オイルタイプを使う際は十分に注意してくださいね。 膣内・膣口は洗わないように注意!必要な菌まで洗い流してしまう しっかり洗いたいからといって、膣内まで洗ってはいませんか?それ、実はNGなんです! なぜかというと、膣には常在菌による自浄作用というものがあるため、 膣内部まで洗ってしまうと常在菌まで洗い流してしまい、自浄作用がうまく働きません。 こまめに洗っているのに、なぜか臭う・かゆいという方は、 膣内まで洗っているのが原因かもしれません。 まずは膣内まで洗うことを中止し、続くようでしたら婦人科を受診しましょう。 デリケートゾーン石鹸がしみる場合にはどうすれば良い? デリケートゾーン石鹸がしみる!という方は少なくありません。 なぜなら、日常生活において下記のようなしみる原因を作ってしまっているからです。 5役を1つで叶えるオールインワンクリーム 脱毛アフターケアと名前がついている通り、脱毛した後の敏感でデリケートな時にも使えるクリームです。 さらに黒ずみや肌荒れにも効果的と言われています。 これ1つで化粧水・美容液・乳液・クリーム・パックの5役をこなしてくれるオールインワンクリーム。 潤いはもちろんですが、匂いケアもしっかりとできるので、ぬるだけでOk! デリケートゾーンにもニキビなどはできがちですが、しっかり保湿することで、ニキビ予防にもなるので、しっかりと塗り込むのが大切。 小さなチューブ状なので、持ち運びにも便利。 VIOはもちろん、脇や乳輪などの皮膚や肌が薄くて摩擦に弱い部分に使うことができます。 黒ずみの気になるVIO、乳首、ワキ、ヒジ、ヒザなどの細かなパーツにも効果的とされています。 生理中などにも使え、匂いや不快感を拭ってくれます。 スプレータイプなので、難しい技術やかけ忘れなどもなく使うことができるのもポイント! 生理用のナプキンなどに直接かけてもいいので、自分で使い方を選べるのも使いやすさの秘密です。 手軽に持ち運びができるので、ポーチやカバンの中などに入れておくこともできます。 お泊まりなどの時も持っていけるので、彼やお友達とのお泊りの時にも安心です。 デリケートゾーン石鹸を毎日の新習慣にしよう デリケートゾーンの臭い・黒ずみ・かゆみは、人にはなかなか相談できない悩みだからこそ、自分でケアしたい!と思うものですよね。 デリケートゾーン石鹸は、そうした方におすすめのデイリーケアアイテムです。 毎日使い続けることで、デリケートゾーンの悩みも徐々に解消されていくでしょう。 しかし、もしお悩みが長引くようでしたら、医療機関への受診をおすすめします。 デリケートゾーンを快適に保って、ストレスフリーな生活を送りましょう。

次の